2010.6.6(日) 周山、写真展と八条口

早朝、TZRで名田庄まで。デジカメを三つ叉に固定して、栗尾、深尾、九鬼、堀越で動画撮影。
つっこんでいるSDカードが1GBなので小画面と15fpsに設定しているのと、振動が激しくて、
本人しか見るに耐えられない。が、再生して見ると、なかなか楽しい。

帰りの九鬼峠で、K島さんとすれ違い、赤橋で小休憩した後、深尾のトンネル前で追いつき、京都まで
一緒に戻る。けっこう速い。
c0042874_20184942.jpg
c0042874_2019058.jpg


がらくた市へ行く約束をしていたが、写真展だけということになり、袷のきものや長襦袢の洗濯。
網戸を引き出したら、でっかいやもりがいた。捕まえて、庭へ逃がしてやる。
c0042874_2021042.jpg
c0042874_20211765.jpg
c0042874_20212871.jpg
c0042874_20213754.jpg


地下鉄で京都駅へ。たまに行くワイン屋さんがなくなっていた。前に行ったのは2月くらいなので、
やめはったのは3月か、4月か?気に入った店がなくなるのは残念。
c0042874_21145255.jpg

c0042874_2030117.jpg

関西文理も、3末で閉校だが、まだ広告は掲げてある。ここも面倒見の良い予備校だったが。残念。
c0042874_20313010.jpg

伊勢丹の美術館「えき」へ行く前に、最近、駅前にオープンした、カメラのキタムラの買い取り専門店へ。
買い取りだけかと思っていたが、ショーケース並べて、販売もしている。新品デジカメも。
しかし、フィルムカメラの価格下落ぶりは、仕方がないとはいえ、哀しいもの。

デジカメは、古いのは欲しいとも思わないが、銀塩カメラは、中学~大学の頃にあこがれたカメラが
そこそこ手に入る価格だったので、一通り手に入れて使い、手放し、また手に入れ・・・、を繰り返して
いまだに手元にたくさんあるが、もう売っても二束三文なので、墓場まで持って行こうか・・・そんなことしたら
残された家族がきっと困るだろうから、ある時に一斉処分せなあかんのやろうな。
c0042874_2116029.jpg

c0042874_20323812.jpg
c0042874_2032493.jpg


「えき」で、植田正治の写真展。

植田正治は、晩年の写真しか知らなかったが、その晩年の写真「砂丘モード」も、カメラ雑誌で見ていたから
知っていただけのことで、ファッション誌に掲載されていたことは知らなかった。
家族の写真なども、演出をこらした写真で、かなりなアーティストであったようだ。
1935年頃の写真は、印画紙の紙質が粗末で、わら半紙にプリントしているような感じ。黒もちょっとセピア調
なので、古い写真という印象を強く与える。
に対して、1950年頃から以降の写真は、印画紙の黒のしまりがよく、今の写真と違和感なく見える。
バミューダパンツにベレー帽をかぶり、直射の砂丘で、助手に日よけの傘をささせて、古いおそらくローライ
フレックスかコード(革ケースつき)で撮影している土門拳は、異様だった。
使っていたカメラということで、ニコンF3のフツーのが、Aiニッコール50/1.8のパンケーキをつけて
展示してあった。
c0042874_2052425.jpg


伊勢丹の男もののフロアを一通り見る。百貨店なんてほとんど来ないので、なかなか面白い。
イオンモールをのぞきに行こうとしたが、京都駅も、イオンモールへ向かう通路となってしまった近鉄名店街も
すごい人で、八条通を横断することなく、なんか食べることに。
c0042874_20545236.jpg

近鉄名店街の中の店で、と見るが、さすがにこの人出で、行列のできている店もあり、すぐに入れる店に。
店の人に、イオンモールができてお客さんは倍くらいになりましたか~?、と聞くと、やはりそうらしい。
c0042874_20571261.jpg

先日聞いていたアイリッシュバーを見つけたので、もう一杯飲んできた。でも、ギネスがなーんか、薄かったが、
こんなもんか?
c0042874_2111843.jpg
c0042874_2112727.jpg
c0042874_2113971.jpg

子供の晩飯を買って帰る。
c0042874_2123834.jpg

by ktsu0011 | 2010-06-06 20:12 | 日常生活


<< 2010.6.9(水) O社長... 2010.6.5(土) 松屋の牛丼 >>