2010.8.9(月) APS-C と 1/2.5inch の違い

カメラが大きくなるほど(≒撮像素子が大きくなる)、見た目同じ構図の写真を撮ろうとしても、
それに比してレンズが大きくなったり、ボケ具合に違いが出てくる。

35mmフィルムの約2/3の面積のAPS-C(キヤノンKISS-X)と、1/2.5inchのコンパクトデジカメ用(A710i)で比較。

上 キヤノンKISS-X 下 キヤノンA710i 絞りf4 これだけボケ具合が異なる。
またKISSについた標準ズームは結構寄れる方だが、これが最短。A710iはもっと寄れる。
c0042874_12553688.jpg

同様に、左 キヤノンKISS-X 右 キヤノンA710i 絞りf4 
c0042874_1256067.jpg

by ktsu0011 | 2010-08-09 11:41 | カメラ・写真


<< 2010.8.10(火) FE... 2010.8.8(日) NEX... >>