2010.9.1(水) キヤノンEOS

SONYのNEXは、キヤノンFD、ミノルタMC、コンタレックスREX、ライカML、の各レンズがアダプターを
介して使えるのが優れている。
特に、APS-Cデジタル一眼ではつかなかった、キヤノンFD、ミノルタMCを、何本か持っているだけに
これらのレンズが使えるようになたのは大きい。

キヤノンEOSは、M42、OM、ニッコール、CONTAX、ライカRなどが使えるが、特に5Dがフルサイズなので
これらのレンズが、1.6倍になることなく、そのままの倍率で使えるのが良い。

左から、CONTAX、M42、ライカR、EOS、ニッコール、OMの各標準レンズ。
c0042874_11561412.jpg


しかし、オリンパスOM-1、EOS-5D、EOS-Kiss はこれだけ大きさが違う。昔のカメラは小さいな。
ニコンF4がでかいと思ったが、EOS-5Dも相当でかい。
c0042874_1157255.jpg


はて?5Dが2台?(^^;
c0042874_11575155.jpg

左も美品だが、右の方がさらに美品なので、右を残すことに。

うしろのKissXは前からある仕事専用。カタログ撮影には実はKissXで十分。
10Dは、5Dのおまけ。これも結構美品で、EOS3代目であるが、先日手放した初代D30とは大違いに
写りも感触も良く、使いやすい。これが、ネットでは100ワンタン少しでしか取引されていないので
このまま使うことにする。

5Dと10Dの違いは、フルサイズかどうかというのがわかりやすいが、シャッターの感触は10Dの方が
圧倒的によい。動くところ=ミラーやシャッターが5Dの方が大きくて、ショックと音が大きいからだと思う。
そんなことで、メイン5D、望遠中心の撮影は10Dをサブにするかな。
by ktsu0011 | 2010-09-01 11:48 | カメラ・写真


<< 2010.9.5(日) がらく... 2010.8.29(日) バイ... >>