2011.9.13(火) ヴィータが・・・

先日の車検で、ヴィータのラジエターから、わずかに水漏れがあるのを指摘されたことは書いた。
ちゃんとその旨も明確にした上で、それでも買ってくれる人ができた、のも書いた。
日曜に、妻と、ヴィータで買い物へ行った、のも書いた。

昨日朝、会社へ着いた時に、いつもより水温が上がっていて、着いた時に、いつもより少し多めに
水漏れがしているのに気がついて、また水を足してやらないと・・・と思っていた。
帰り、いつもよりも早く(みるみるうちに)水温が上がり、おっかしーなー、と思っていたら、
M野さんところに、できあがってきたカタログを放り込んだ時点で、水温は100℃を超えている!!

ヴィータは、国産車とは違って、たいてい95-100℃をしめしていて、97℃を超えると、ファンが
回るようになっている。
メーターの針の動きも、国産車よりも敏感で、前に水が減っていた時なんかは、90-100℃を
走っている最中に目で見ても判るくらい、ゆっくりと上下していたこともある。
100℃近くあっても、流していたら、ラジエターを冷やす風で、ひゅゅーっと下がってくれたりした。

今回、レッドゾーンには入らなかったものの、これはヤバいかも・・・、と駐車場に帰ってきてボンネットを
開けようとしたら、水蒸気が舞い上がっている。(^^; そりゃあ100℃を超えたらそうなるわな、と
変に納得して、まあ明日見よう、と家へ帰った。

こんな状態では、乗って帰ってもらえない、と、とりあえず、今朝、車屋さんに電話して、午前、アコードで
所用をすませて戻り、水を足してやると・・・・・・・・ラジエターの上から10cm程のところから、
ぴゅーーーー、と水が噴き出している。(--メ)
c0042874_16563512.jpg
c0042874_1656464.jpg


こりゃあ、車屋さんまで(上京区同志社付近から西京極付近まで)もたんかも・・・と、車屋さんに
連絡すると、車屋さんもたいてい自走していくらしく、とりあえず、水を満タン、予備の水を持って、
信号に引っかかったらエンジン停止して、とアドバイスをもらって、しかたがない、行くことにした。

なるべく信号のないところを走り、5回くらい信号待ちでエンジンを切って、3-5速を多用して走っていくと、
なんとか100℃をわずかに下回る水温状態で、車屋さんまでたどり着くことが出来た。(^^)v

代車のカローラバンを借りて、Hのやさんところへ行って会社へ。
c0042874_16572283.jpg
c0042874_16573383.jpg

一緒に丸亀製麺へ。かまたまを食べたけれど、10年前にF原さんと本場讃岐うどん、なかむらで食べた
かまたまにはまったくかなわない。あれは絶品だったな。
c0042874_1714634.jpg

この代車カローラバンは、14万km走っているが、エアコンも良く効くし、よく走る。ハンドルが小径に
変わっているのが運転しやすくて良い。
仕入れ先でもらった荷物を含め、ヴィータに載せていた荷物を全部載せたが、ヴィータはけっこう載るのを
再認識。もっとも、バンの方が、荷物の載りおろしはぜんぜん便利だけれど。

夕方、見積もりが。
ラジエター車外品新品約5万円+工賃2万円少し。
事前にネットで、2.5万円くらいであるのを見つけていたので、それを使って直してもらうことにする。

7-8万もかかるとなると、買ってもらわずに、廃車した方が、自賠責+重量税+自動車税の月割りの
戻りが、おそらく5万円ほどあるので、得だが、もう買ってもらうことが決まってしまったあとなので、
なんとか5万円くらいで修理ができればしてしまいたいところ・・・。

もう少し早く逝ってくれたら廃車したところだが、ちょっとタイミングが悪かったなあ。
まあ、アルファ・ロメオは、重修理になったら、おとなしく廃車することに妻と話ができているので。
by ktsu0011 | 2011-09-13 21:50 | バイク・車


<< 2011.9.14(水) ラジエター 2011.9.12(月) カタ... >>