2012.11.1(金) 156ヘッド回りの異音

今日、でかけるのに久しぶりに156に乗ろうとしたら、ヘッド回りから異音がしている。
c0042874_21525893.jpg

http://youtu.be/SUzalNdOCY0

今9.8万kmだが、7.5万kmでタイベルとウォーターポンプは交換しているので、ベルトは大丈夫と
思うが、ブリーかなにかではないかと調べてみる。
下の3■のような気がする。近日確かめてみる。

1■後日ショップから連絡が有り、どうもV6の奥側バンクのヘッド周りからの異音っぽいと。
一番可能性が高いのは『ラッシュアジャスター』という部品らしい。
簡単に言うと、RAはエンジンオイルを使い、バルブクリアランスを常時0に保つ装置らしいです。
そのRAが冷感時の動きが渋くなっていて、所謂『タペット音』がするという訳です。
発生の原因としては色々とあるが、一番はエンジンオイルの管理が大切という事。

2■どうやらタイミングベルトテンショナーの不具合のようでした
テンショナー交換するのなら、当然タイミングベルトも交換でしょう
それにウォーターポンプもタイミングベルトにて駆動していますから、一緒に交換させて頂きました

3■お客様が高速道路を走行していたら、エンジンからやたら変な音がする、との事で
ベルトカバーの隙間からタイミングベルトを覗いてみると、ベルトがボロボロでした。
やはりアルファは2~3万キロ位で交換しておいたほうが良さそうです。
原因はベルトカバーの劣化変形によりベルトが当たってしまっていました。
by ktsu0011 | 2012-11-01 21:50 | バイク・車


<< 2012.11.1(金) 中華2連発 2012.10.31(水)超成... >>