2013.1.25(金) Canon EOS-1D C

すげー。こんなEOSがあるとは知らなかった。
もっとも、動画撮影をメインにはしていないので、欲しいとも思わないし、必要もないけれど。
c0042874_19123082.jpg


[オタク社長の機材買ってみた]Vol.07 Canon EOS-1D Cをゲット! 前編 〜本格化する DSMCの世界

カメラの夢、マルチロール機「DSMC」と言う考え方

ここ15年ほどで我が国の一部に定着した言葉に「マルチロール機」という言葉がある。
これは、様々な役割を一台でこなすマルチロール機があれば良いと。
こうした、一台で全てを完璧にこなすマルチロールカメラは、カメラマニアの夢でもあった。
そうした層をターゲットとして、ビデオカメラとスチルカメラの融合は幾度となく試みられ、サンヨーザクティシリーズや、SONY DCR-PC100シリーズなど、数々の名機を生み出した。しかしそれらは残念ながらスチル・動画共にプロの業務用クオリティを満たすレベルには到達せず、こだわりのマニア向けの民生機レベルで留まっていた。

カメラマニアの中でも世界で最も著名な1人、Jim Jannard氏は、せっかく成功した自身のサングラスメーカーOAKLEYを2007年に21億ドルという巨額で売り払い、その莫大な財産を背景にマルチロールカメラメーカー「RED」を立ち上げた。映画が毎秒24コマの写真を撮るものであるのならば、その写真を毎秒24枚以上の高速連写でちゃんとしたプロ向けの高画素RAW撮影できれば、それはそのまま映画にもスチル写真に使えるはずだ、というのがその根本思想であった。

DSMC系カメラの中でもかつて注目されたのが、CanonのEOS 5D MarkⅡ(5D2)だ。
このカメラは単なるスチルカメラとして発売されたのだが、おまけ機能として通信社向けに簡易なビデオ機能を装備しており、瞬間的に話題をさらった。
しかし、5D2は残念ながらスチルカメラとしての運用しか考えられておらず、強烈なモアレや動体歪み、フルサイズセンサー特有のボケ過ぎの背景など、シネカメラとしては多くの問題を抱えていた。
こうした問題を解決するためにCanonはCinema EOSシリーズを立ち上げ、Cinema EOS C300等を発売した。これは極めて優れたカメラ群ではあったがスチル写真を撮ることのできない完全なシネマ専用機であり、残念ながらマルチロール機DSMCの理想からは離れてしまっていた。
そんな中登場したのが、Canon Cinema EOS-1D Cだ。

[オタク社長の機材買ってみた]Vol.08 Canon EOS-1D Cをゲット! 後編 〜ファーストインプレッション

同機はCanonの本業、スチルカメラの現行最上位機種EOS-1D Xのバリエーション機種で、最小最軽量のレンズ交換式4Kカメラでもある。センサーサイズはライカ判フルサイズ。2013年1月現在、世界唯一の本格スチル撮影可能な正当派4K DSMC機だ。Motion Jpegとはいえ小さなカメラ内にLogガンマ収録が可能なEOS-1D Cは、DSMC機としてずば抜けた性能をもっていると言える。価格も、当初の120万円から大幅に下げ、税込み105万円程度の実売だ。これは、フルサイズスチルカメラとしては高額ではあるが、4Kシネカメラとしてはダントツの最安値である。オタク的な言い方をすれば、EOS-1D Cは、カメラ界のユーロファイター タイフーン的な美味しいところ取りのコストパフォーマンスに優れたカメラなのだ。

EOS-1D Cの動画撮影方法は極めて簡単。1度menuボタンから動画形式を設定してしまえば、後は液晶モニタ表示切り替えボタンを押すだけで自動的にフルマニュアルの動画モードに切り替わる。スチルに戻したければ液晶表示モードからファインダーモードに戻せばいい。スチル写真は全て光学ファインダーを覗いて撮影、動画は全て液晶モニタを見て撮影、というわかりやすい直感的操作方法になっているのだ。確かに、写真を液晶を見ながら撮る事はよほど変なスタイルで撮影でもしない限りまず無いし、動画をクロップされてサイズの合わない光学ファインダーで覗いて撮影することはあり得ない。実際に触ってみればわかるが、この切り分けは非常にわかりやすい。

また、なによりもこの小型さが素晴らしい。ベース機になったEOS-1D Xはライカ判フルサイズスチルカメラ機としてはかなり大きい方だが、それでも、中判など他のプロ向けスチルカメラに比べれば遥かに携帯性を意識した設計だ。そしてもちろん、そのボディを使った1D Cは他のシネカメラに比べれば格段に小さい。4Kシネカメラというジャンルで見ると、もはやミニチュアサイズとすら言える。

-------------------------------------------
その他にも動画用のカメラの高いこと。プロ用だから当然か。
スチルカメラは昔からプロ・アマの別はないな。プロ用として出されていた機種を、ハイアマチュアも使っていた。
c0042874_1918138.jpg
c0042874_1917503.jpg

by ktsu0011 | 2013-01-25 19:18 | カメラ・写真


<< 2013.1.26(土) 会社メシ 2013.1.18(金) 賀茂川 >>