2013.3.28(木) 開花と太秦温泉

先日行かなかった太秦湯(実は太秦温泉だった)へ行ってみようと、ベスパででかけた。

あとで珉珉で中華でも喰うか、と京福で行こうかと思ったが、メンドーだったので、ベスパで。
途中、太秦映画撮影所前の中華屋がえらいきれいになっていて、気になったが、先に珉珉を見に行ったら
今日は定休日だった。そこで、先に喰ってから太秦湯へ行こうと、開花へ。

時間も遅かったので、客はいなかった。
メニューを見ると、なかなか本格的。でも安い。
海老玉をセット(スープ、サラダ、シューマイ、香の物、ごはん)にして、待っている間、置いてあった本を
見ると、どちらにも載っている。一冊はミニコミ誌、もう一冊は「船越英一郎の京都案内」 
帰ってさっそくアマゾンでオーダーしてしまった。
さて、本にスープが命みたいな事が書いてあったので、メニューが本格的なだけでなく、味も期待できそう。
c0042874_1053261.jpg
c0042874_12592085.jpg

2冊目にかかる時にできあがってきた。
おお!海老玉は、なき鳳舞、鳳飛?(鞍馬口)のを彷彿とさせるかたちとたれ。
味もそのとおり。これはうれしい。
スープもうまい。なかなかセットのスープがうまい中華屋にはあたらないのでこれもうれしい。
あんまりうまいので、海老玉のたれも飲み干してしまった。
他にも喰いたい所だったが、明日は健康診断なので、控えめにしておく。
ご主人に「おしいかったですわ~、また来ます」と挨拶して。

開花 (カイホウ)
075-881-9320
京都市右京区太秦西蜂岡町9-99
営業時間11:00~14:00 17:00~21:00
定休日 土・日・祝日

http://qas.amgrrow.com/?eid=44 さんから、以下写真を拝借。
c0042874_22135596.jpg

c0042874_22142119.jpg


さて、太秦湯。番台には同い年くらいの美女が座っていたのでキンチョーする(笑)
町中の銭湯そのものの風情、大きさ(浴室内の大きさ 8*10mくらい)だが、
1.浴室に入ったとたんにすごく熱気があったこと
2.人が少ないこと(5人くらい)
3.湯が以前のやしろ湯のような軟水で泡立ちがよかったこと
4.サウナがキョーレツに熱かったこと(これはあとで、常連のオジンが、センサーに水をかけて
より熱くしていたことがわかった(笑))
などから、とても気に入った。ここはええわ。
c0042874_2224510.jpg

以下、「お風呂屋さん的京都案内」より
入湯日:2003/10/15 22:30

 嵐電の太秦駅から帷子ノ辻まで延びる大映通り商店街の中程にあるお風呂屋さんです。暖簾の掛かる玄関の前は、屋内駐輪スペースになっていて、玄関スペースが二段構えになっているような感じです。古い型のタバコの自販機が置かれた玄関スペースもゆったりと取られています。
 脱衣場はあまり装飾品の類は置かれていないのですが、貼り紙がいっぱいあります。道路側に水が抜かれた池のある庭があるのですが、そこには「池に金魚がいますので、タオルを絞ったり、吸い殻を捨てたりしないで下さい」と・・・。金魚はどうなったんでしょう?また、東京では一般的になってきているようですが、室内で携帯電話は使わないでくださいとの貼り紙もあります。他にもこう薬類は剥がしてから入浴してくださいなどなど。浴室内にも、水風呂には「水中メガネをして潜ったり、飛び込んだりしないように」とか、スチームサウナ内には「温度センサーに水を掛けないように」などなど、たくさんあって覚え切れません(笑)。サウナ内のセンサーには、ご丁寧にカバーが付けられていました。
 話は前後しますが、脱衣場の浴室入口にはモザイクのタイル絵があります。モチーフは男女とも川の風景で、男湯側には筏ながし、女湯側には橋が描かれています。後で女将さんに聞いたところに依ると、昭和31年に設置されたもので、嵐山ということでした。昭和48年(だったかな)に水風呂を脱衣場側に増設したので、一部削れてしまったとのこと。でも状態は良く、きれいに残っています。
 このタイル絵を見ながら不思議に思ったんですが、浴室の男女壁と、脱衣場の仕切が一直線になっていません。脱衣場の仕切は男湯側に寄っています。もしかしたら、脱衣場は女湯側を大きく取ってあるのかも知れません。
 浴室の方は、中央に深風呂、浅風呂を備えた噴水付の主浴槽。奥に足裏刺激付腰掛けジェットが2カ所と普通のジェットが脇を固めるように2カ所。浴室右手に泡風呂になった薬湯と6人ほど入れるスチームサウナ。脱衣場側に泡風呂になった水風呂という構成です。水風呂はほぼ全面泡風呂になっていて、一瞬水風呂には見えません。
 浴室内はグリーン系統のタイルが多く使われ、タイル等もあまり古い感じはしないんですが、洗い場のまん中に排水の溝があったりして、造り自体は結構昔の姿を留めているような気がします。天井のペンキの色がグレーというのも珍しいところです。(この1週間ほど後に天井補修のため休業との貼り紙あり)
 風呂上がりは、宝飲料の冷蔵庫にあったフルーツ牛乳をチョイス。たまに飲みたくなるんですよねえ、これ。西に30mほど行ったところに駐車場もありますので、車で遠来の方も嵐山観光と引っ掛けていかがでしょう。
by ktsu0011 | 2013-03-28 22:24 | 日常生活


<< 2013.3.30(土) 参考になる 2013.3.26(火) 天山の湯 >>