2013.4.5 ランツァ バッテリーだめ

免許更新に行くのに、天気も良いので、ランツァで行こうと思ったが、バッテリーが上がり気味で断念。
そやそや、キックレバーつけたらええんちゃう、と調べてみたら・・・・。
c0042874_18472052.jpg


バイクパーツ・用品通販ならWebike(ウェビック)
YAMAHA:ヤマハ(ワイズギア) 純正オプション:キックセット
YAMAHA ヤマハ ワイズギア 商品番号:4TPW07950000
定価:¥13,440 販売価格:¥12,498 (税込) 送料無料

たかっ!やめ。(--メ)

ついでに。
http://blue.ribbon.to/~darasco/pm90301.htm
YAMAHA DT230 LANZA98年2月

インターネットやパソコン通信で手に入れた生の情報である。

よい点
◎胴長短足でも、かなり楽なポジションで乗れ林道でも快適
たしかにその通り

◎お尻が痛くならない幅広シート
たしかにその通り

◎オフロードとしては高速でも余裕の走りができる
高速ではつらい。余裕ではない。

◎車体が軽い
たしかにその通り

◎街乗りでも違和感のない、スタイリッシュなデザイン
スタイルは好みである

◎トラクションコントロールのせいでグリップもしっかりしている
実感無し

◎2スト特有のハイパワ-
これは素晴らしい。手放したくない理由の一つ。

◎便利なセル付き
たしかにその通り

◎減らないオイル。2000kmで1Lでよい
たしかにその通り。

◎素直なハンドリング。林道が楽しい
林道は行ってないのでわからない

◎ライトが明るい(60W/55W)
不都合は感じない。

◎2stの宿命の煙はほとんど気にならない
たしかにその通り

◎燃費20km/L、タンク容量11Lで充分
11Lでは、足らない。燃費はよくて15km/h程度だ。

悪い点
▲エンストが多い。極低速域半クラッチ時、暖機運転中
たしかにその通り。でも、気にしない。

▲加速中に息つぎみたいなひっかかりがある
新型なのでそれはない。
※旧型でも回避する方法があるらしいが…。知らない

▲シートが薄くて硬いのでツーリングユースには向かない
そんなこと全然なかった。

▲高速巡行自体は楽しくない.エンジンの振動が多く疲れる
たしかにその通り

▲高速巡航(+20km/h)で手が痺れる
たしかにその通り、その前にエンジンが分解するかと思った。

▲サスはやっぱり250マシンの方がいい
素人なのでわからない。

▲もうちょっと軽くならないか
十分軽い

▲シートが広すぎる感じがある
そう言えば、そうかな?て感じ

▲ハンドルが高くて絞ってあるので手首が痛くなる
全くなし

▲オイル残量の確認ができない
たしかにその通り


LANZA仕様
形式/エンジン形式 4TP/4TP
全長(mm)/全幅(mm)/全高(mm) 2,140/800/1,200
軸間距離(mm) 1,410
★大きからず小さからず。ちょうどいい。

シート高(mm)/最低地上高(mm) 865/300
★まい自転車のグランドキャニオンのシート高が850(mm)で両足のつま先立ち。
それよりも15(mm)も高く、さらにシート幅も考えると無謀との声がある。
しかし、やわらかなサスまた私の体重71(kg)で大きく沈み込むと考えられる。

さらに情報によると164(cm)の女性でも足つきはOKとの情報を得ている。
不安な点は164(cm)の女性の股下より174(cm)の私の股下のほうが長いとは必ずしも言えない。いや、怪しい。
そこは体重でカバーである。

我が師匠片川先生は、市販されているバイクだから乗れないことはないと断言。
彼は180(cm)で手足が長い。よってあまり説得力はない。

乾燥重量(kg) 114/130
★軽いね~。これなら立ちごけしそうになってもリカバリーできるかもしれない。昔、後に生徒を乗せて脇に停車したら足下に雪があって立ちごけに遭遇した。このときは雪のため踏ん張りが効かず、スローモーションのように倒れ込んでいった。生徒は1メートルほど下のたんぼに落下。ところどころに雪が残っている淡い春であった。ごめんね。清水ひろし君。

燃費・定地走行テスト値(km/L) 40.0(60km/h)
★燃費は気にしないことにしている。
まいカーのレガシーは冬場6km/Lだ。
それよりましならOK。

最小回転半径(m) 2.1
エンジン種類 2サイクル・水冷・クランク室リードバルブ
★これがね~。悩ましいところなんだな。排ガス規制による生産中止が決まっているのを買うんだから。環境には悪いだろうな。もしかすると許されざる欠点かも。中低速にシフトしてあるといってもピーキーで扱いにくいとは思う。
乗りこなしてみたい。

キャブレター形式 TM30SS
気筒数配列/総排気量(cm3) 単気筒/224
内径(mm)/行程(mm) 66.8×64.0
圧縮比 6.5:1

最高出力(ps/rpm) 40/8,500
最大トルク(kgf・m/rpm) 3.7/7,500
★これはとても魅力的。前車HONDA250Tは非力だった。
この次は400CCと決めていたけれど250CCに妥協した。
だから馬力とトルクは手に入れたいのだ。許せ。

点火方式 C.D.I
始動方式 セル式
★キックスタータセットをつけたいと思う。
今から乗るぞというセレモニーだ。バッテリーにも優しい。
ひいては環境にも優しい。2ストの許されざる欠点。これで勘弁してくれ。

燃料タンク容量(L) 11
★お盆にロングツアーを実施する私としてはもうちょっと欲しいところ。

オイルタンク容量(L) 1.3
★オイルはなかなか減らないという。環境に優しいというわけだ。
うーむ。どうしても許されざる欠点を気にしている私である。

潤滑方式 分離給油
ヘッドライト ハロゲンバルブ(60W/55W)
★見た目は小さなライトで、HONDA 250BAJAやYAMAHAのTTRAIDやSUZUKIのDJEBERに心が奪われてしまう。ライトを結構気にする私である。

バッテリー容量/形式 12V-6Ah(10H)/GT6B(密閉式)
★バッテリーあがりはキックセットを手に入れることで防ぐことができると考えている。

1次減速機構/減速比 ギア/2.571(54/21)
2次減速機構/減速比 チェーン/3.437(55/16)
クラッチ形式 湿式多板
変速機形式 リターン式6段
変速比 2.750/1.875/1.411/1.141/0.956/0.818
フレーム形式 セミダブルクレードル
キャスター/トレール(mm) 27°00′/114
タイヤサイズ 前・後 3.00-21 51P・4.60-18 63P

制動装置 前・後 油圧式シングルディスク・油圧式シングルディスク
★4ストのようにエンジンブレーキが効かない。気になるところだ。
ま、今乗っている人力バイクはエンジンブレーキそのものがないから違和感なく移行できると予想される。

乗車定員(名) 2
★あってなきがごとしであろう。

メーカー希望小売価格 \449,000
★高い。全部で50万以内に収まるか。生命保険を解約して工面する予定。
by ktsu0011 | 2013-04-05 18:48 | バイク・車


<< 2013.4.6(土) ミンミ... 2013.3.29(金) 東進... >>