2013.4.9(火) 大腸内視鏡検査

12月くらいから体調がいまいち。
それでも年明け以来3月くらいまで家でウイスキーを毎晩数杯、5日でボトル開けるくらい飲んでいた。
先輩のNさんが胃の内視鏡手術をされると聞き、また同期生が食道ガンでなくなったこともあり、
5年ほど健康診断を受けていなかったのを受けることにした。

ところが、健診先の社会保険病院では、胃カメラはひっかかった人だけ、と言うので、友人の医者で
胃カメラを飲ませてもらうことにして、3/20頃に飲んできた。
結果は、ちょっと胃炎が見られたが、おおむね大丈夫とのことだったが、ピロリ菌が検出されたので
滅菌処置をとることになり1週間薬を飲んだ。

ついでに、大腸も見ておこう、ということになり、今日、大腸内視鏡検査を受けてきた。
胃カメラは、鼻から入れるタイプで、鼻を通る時がちょい痛かったが、思ったほどではなく。
検査後も、近くの新福菜館でラーメンを食って帰れるほど。
ところが、今日の大腸はきつかった。

準備は、昨日夕食後下剤を飲み、今日は朝から何も食べずに行ってから2リッターほど
洗浄液を3時間ほどかけて飲まなあかん。昨晩の食事は抜いたので、1.2リッターほど飲んだところで
排泄物も無色透明となり、大腸の洗浄はおわったので、検査に。

きつかったのは、1.カメラを入れてからと 2.終わった後。
カメラは、くねくねした大腸を進んでいくのだが、人よりくねくねして長かったらしく、曲がり角を超える
たびに、つえの先で腹をぐーーっと押されるような鈍痛。痛いだけでなく、常に身体を硬直させていた
ものだから、終わった後は脱力感でぐたーーーっとしてしまった。
それと、お腹にガスが溜まったままだったので、ぱんぱんに腹が張って、しばらくはとてもしんどかった。
また、大腸洗浄分以上に飲んだ分が、あとから出てくるものだから、帰ってから5回くらいトイレへ。
はー、しんどかった。
これを2年に1回くらいは受けるように言われたので、ちょっときつい。
大腸は、年の割にきれい、と言われて意外だったが、S字結腸あたりにちょっと気になる赤っぽいのが
あったので、生検することになった。なんともなければいいが。

c0042874_19433711.jpg
c0042874_19433979.jpg

by ktsu0011 | 2013-04-09 19:25 | 日常生活


<< 2013.4.9(火) オリン... 2013.4.7(日) 歩いて... >>