2013.6.19(水) ニコンD200からD300

http://okwave.jp/qa/q5932425.html
ニコンD200からD300になって、発色は変わったのでしょうか?

去年、中古でD200を購入し子供を撮ってネットプリントしてます。
天気の良い日に撮ったときに顔色がべったりと色を塗ったようになったり、顔色の悪さが気になりました。
知り合いからもらうコンデジで撮ったプリントのが顔の色が良いのです。
D200自体が良くないのではないかと疑問に思いました。

ニコンレンズも何本が購入してるので、そのレンズを活かしたいのですが
D200以降のカメラがCCDからCOMSに変わってますが、発色など良くなったのでしょうか?

NikonのD70,D200までのデジタル一眼は「基本的にRAWで撮ってCaptureNXで現像する」事を前提に、なるべくダイナミックレンジを広く取るような露光処理をしていました。また、ホワイトバランスも「なるべく基本設定のまま動かさない」処理をしていたため、「Jpeg撮って出しの画像は色が悪くて使えない」事が少なくなかったんです。(これに対してCanonは昔からJpegでも使える画像を作ることで有名です)

「これではイカン」という事になったのか、D40/D80からはJpegでも結構「見れる」画像になったのですが、D90/D300で撮影素子を変更したのを機に「Jpegでもきれいに写る」ように画像処理エンジンをチューニングし、この面でもCanonに負けない程になったんですね。

ですので、Jpeg同士で比較するとD200とD300の写りは「別物」です。ですが、RAWで撮ってNXで現像するという手順を踏む場合、CCDとCMOSという違いはあるものの、出来上がりの画像にそれほど大きな差異は無い、と考えて差し支えないです。
c0042874_2228289.jpg

by ktsu0011 | 2013-06-19 22:28 | カメラ・写真


<< 2013.6.20(木) ベス... 2013.6.16(日) 久し... >>