カテゴリ:きもの( 58 )

2010.1.16(土) 羽織紐と額裏

いろいろな羽織紐。
c0042874_149471.jpg

織りの額裏(羽織の裏)は珍しい。
c0042874_1410181.jpg
c0042874_14101028.jpg

by ktsu0011 | 2010-01-16 14:08 | きもの

2009.11.15(日) きものの日 

11/15は、「きものの日」
室町界隈でも、他でもいろいろなきもののイベントが予定されている。
同時に、七五三の日でもある。町では、いつも以上にきもの姿で出かける人をたくさん見た。

そもそも旧暦の15日は鬼が出歩かない日(鬼の休日?)で、特に収穫を終えた11月15日には
収穫のお礼を兼ねて、子供達の成長を祈ったのが七五三の始まり、とのこと。

「きものの日」は、1966年に全日本きもの振興会が定めたとのこと。へー、古くから決まってるんですね。
c0042874_14173132.jpg
c0042874_14175647.jpg

こちらの方たちは、なにかガイドを持って、あちこち回ったはるのだろうか。
c0042874_1418981.jpg

七五三の方も多い。
c0042874_14182095.jpg
c0042874_14182892.jpg
c0042874_14183695.jpg
c0042874_14184416.jpg

男のきもの姿もたくさん見かけた。
c0042874_14185352.jpg

by ktsu0011 | 2009-11-15 14:16 | きもの

2009.11.13(金) 冬支度

朝晩冷えてきて、日によっては昼間もあまり気温があがらない日が出てきた。
そこで、襦袢の下には、黒のカーディガンを着込む。
きものは、じっとしていたら暖かいが、袖口、すそが大きくあいているので、そのあたりが冷える。

カーディガンの効果は高く、この時期、手放せません。
普段はこんな感じで・・・・
c0042874_12171018.jpg

人に会ったりするときは、ちょっと引っ込めて、普通のきものの着こなしに見えるよう・・・・
c0042874_12172258.jpg

by ktsu0011 | 2009-11-13 12:16 | きもの

2009.11.4(水) かばん

男もののかっこいいカバンを見つけた。持ち手は牛革。本体は山羊革。西陣織でアクセント。
上等な分、値段もそこそこの49800円(税別)。でも、きものに似合いそう。草履・カバンで有名な岩佐謹製。
c0042874_15174943.jpg
c0042874_15173064.jpg

底にも鋲を打ってしっかり。
c0042874_1518676.jpg

中は底板に大事なカードを納められ、ポケット多数。キーホルダー、ペットボトル受けもある。
c0042874_15182035.jpg

色は、茶と黒。
c0042874_15185141.jpg

by ktsu0011 | 2009-11-04 15:10 | きもの

2009.10.15(木) 袴にポケット

c0042874_1929575.jpg
c0042874_19301289.jpg
c0042874_19302314.jpg

by ktsu0011 | 2009-10-15 19:27 | きもの

2009.10.13(火) 帯地

c0042874_19252648.jpg
c0042874_19255160.jpg

by ktsu0011 | 2009-10-13 19:22 | きもの

2009.10.6(火) きものの洗濯

昼前に出て、染め屋さんや仕入れ先へ。一通り回って、きものの洗濯に、いつも行くランドリーへ。

夏物のきもの(ポリエステルの洗える)と、麻の長襦袢を、しまう前に洗濯せないかんと思いながら、
今日になってしまって、いつも正絹のきものの丸洗いをお願いしているランドリーで、洗濯しようと思って
持って行った。

ポリのきものは、家の洗濯機で、洗える。

1.できれば少量ごと(2-3枚)
2.手洗いモードか、まあ普通モードでもたいてい大丈夫
3.手縫いのものはほどけないようネットに入れて
4.洗剤は、液体のウール用(アクロン、エマール)がよい
5.脱水は完全にするとしわがつくので、軽く
6.乾燥は、乾燥機は使わずに、少し水気が残ったまま引き上げてハンガーに掛けてつるす
7.単衣なら、夏場は2時間程度、冬場でも半日。袷は1日干しておけば乾く
8.どうしてもしわが残った場合は、家庭用アイロンで、化繊・スチームでとれる

家で洗うつもりだったが、ここのところ日曜日も出かけたりしていたのと、10数枚あるので4-5回回させあかんのも
メンドーなので、ランドリーでまとめてしてやれ、と。

いつもは常駐のおばちゃんにドライクリーニングを頼むのだが、相談して、ポリのきものと麻の長襦袢は
ランドリーのお湯洗い600円+乾燥機500円、麻の着物と正絹の帯3点はドライ1800円にすることにした。

乾燥機へ移し替えるのをお願いして昼飯を食いに。
近くの中華か、ど根性ラーメンへ行こうと思って、とりあえず南へ。

人が出てきたのでまだやってるかと思ったが、「準備中」の垂れ看が。
c0042874_208573.jpg

ジャンボまで歩くのも、と、少し手前のラーメン屋さんへ。 
c0042874_209680.jpg
c0042874_2091786.jpg

ラーメン焼きめしセット、博多で。850+50円
c0042874_20115348.jpg

一口食べて「旨い」と思ったが、二口、三口と食べ進めると、塩辛い。だいぶ塩が効いている、というより多すぎ。
昨晩食べた塩辛並だ。ラーメンに入っているチャーシューも醤油と塩味がかなり効いている。焼きめしも濃い。
いつもならスープを飲み干しても、その余韻が心地よいが、今日は飲み干すのをやめようと思ったくらい。
でも、飲み干したけど。んー、ちょっときつかった。

入った1時半くらいには客はいなかったけれど、食べている間に3人も入ってきたので、はやってはいるみたい。
ふつうに、天龍ラーメンにするべきだったかな。
c0042874_20123475.jpg

さて、ランドリーに戻ると、もうできあがっていた。
ドライの方は、いつもながらしわもなくて綺麗にあがっていたが、ランドリーの方は失敗。乾燥機があかんかったようで、
このようにしわだらけ。乾燥が終わってすぐにハンガーにでもかけてあれば良かったのかもしれないが、
ラックに取り込んであったので、置いてある間にしわになったのかも。
c0042874_20124636.jpg

別のきものも同様。
c0042874_20125337.jpg

したかなく、会社に戻って、スチームアイロンですべて伸ばした。あー、めんどくさ。
c0042874_20125822.jpg

今度からは、やっぱり家で洗って、自然乾燥させよう。
by ktsu0011 | 2009-10-06 20:13 | きもの

2009.9.19(土) きもの学

今年もきもの学。7年目と思っていたら、8年目だった。

どれも受けたい講義揃いだが、なにぶん会社では一人で何役・・・と言えば聞こえがよいが、なんでもせなあかんので、
以前のように自由に時間を取るのが難しい。
1-6年目までは、終わった後にお茶して着物談義に花咲かせたり、パーティーにも出られたが、
17時に事務員さんが帰ってしまうので、今は17時から20時までは電話番をしなければならない。
ああ、残念だが、仕事が第一なのでしかたがない。

今年は、高校の先輩のH田さんが(あれ?下に書いたような気がするな・・・)講義をされるというので、
H田のさんの講義はどうしても、と思っていた。軽妙なしゃべりで、おもしろくわかりやすい講義だった。
c0042874_19184758.jpg

今年は例年よりやや出席者が少ない。特に学生。毎回140人くらいの出席者。
c0042874_1918556.jpg

NHK大河ドラマの衣装について話が聞けるとでかけたが、前半はタイトル通り歌舞伎ときものの連関についての
説明ですこし退屈だった・・・ノートに「流暢だがおもしろくない、歌舞伎俳優の娘に生まれて私はハイソよ、と
いう感じがする」と書いているが、あれ?ひょっとしたら篤姫に出ていた女優さんか?と思っていたら、
NHKの話に変わって、撮影の裏話をおもしろおかしく話されて、さっきまでの退屈さはぶっ飛んだ。
会社に戻って、I井T見さんって知ってる?と2人に聞いたら、「ああ、あの」と1人から帰ってきたので、
知ってる人は知ってるのだろうけれど、冒頭でもっと詳細に紹介をしてもらっていたら、前半の聞きようも
違っただろうな、と残念だった。
c0042874_1919437.jpg

花街の男衆(おとこし)をされている方が、講演と舞妓さんの着付けの実演。モデルは、きものの女王。
これまたあとで気がついたが、去年のきもの学パーティーで会って、写真を撮ってる。
c0042874_19191125.jpg
c0042874_19192115.jpg

舞妓さん、芸妓さんの髪を結ってらっしゃる美容院の先生。長い自毛を結って、島田などの形を作られる。
帯結びに共通するものを感じた。昔は美容院のことを髪結いやさんと言ったな。
結った髪は、だいたい5-10日ほど持たせるらしい。その間、頭は洗えないわけだ。
きものもそうだけれど、清潔を保つために、頻繁に洗髪、洗濯する現代生活には、こういう風俗はやはり
フィットしないんやなぁ、と改めて実感。
c0042874_19193067.jpg
c0042874_19194360.jpg

今回、偶然会ったO森さん(旧姓S野さん)は小学校の同級生。その知り合いが、私も知り合いの元きものの女王の
M野さんで、そのつながりで、みんな、今回モデルを務めた現女王と記念撮影。ちょっと膝を折ってくれているから
私より小さく見えるが、実は素で165くらいはあってぽっくりを履いているので私よりずっと高い(汗)
c0042874_19194935.jpg

最終日は、長襦袢と、H多野先生のまとめ。パネラーには知っている方ばかりが出られて、聞いていて良かった。
静岡からH多野先生の門下生Y崎さんが着ていたので一緒に。香港からS木さんも来ていたし、丹後からは
U田さんご夫婦、Y添さん、市内近郊からも多数・・・・ここでは1年に1回だが、お会いできるきもの仲間がいて楽しい。
c0042874_1919572.jpg
c0042874_192049.jpg

参加者から、講義に対する質問・要望が募られ、H多野先生が読まれたが、その中に、学生から
「このきもの学は、きものを着ている人のための講座であって、私のいる場所ではない。
学生向けの講座、初心者向けの講座を希望したい」という意見があった。
これを聞いて、私はノートに、「よく言った!」と書いた。
また同時に、このような意見を読んだH多野先生もエライと思った。

振り返ってみると1.2年目にはきもの着装体験が冒頭にあり、着たことのない学生もきものになじむ機会があったので、
その後の座学も興味深いものになったろうと思う。
今年は、前半を基本講座、後半を発展講座、として、きものになじみのない学生にも、きものを知り尽くしている
きもの愛好家の社会人にも満足してもらえるよう、工夫して構成されていると思うが、キャンパスプラザで
開催する「きもの学」はどうあるべきなのか。

私は、学生主体であるべきと思う。単位を取るためにこの講座を受けている学生、きものにちょっと興味がある学生、
でも、着たことがない、という彼らに、「着たいな」と思わせるようなわかりやすくかつ興味深い内容であってほしい。

ちょうどきもの学会が発足しているので、きもの愛好家に向けた会は、専門的で、掘り下げた内容の講座を
別に設けてもいいのかもしれない(すでに半年ほど前から2-3時間の単発講座が3回ほど開催されている)。
今は、その過渡期で、苦肉の策として、前半/基礎講座、後半/発展講座、とされているのだろうか。

こういう学生の生の意見を検討されて来年以降さらに充実した講座にされることだろう。

終了時間になったので、終了しようとされた時に、参加者の一人が挙手したので、質問かと思いきや、なにか持論をしゃべりだした。
きもの雑誌の編集に携わっているとの前振りで(だからきもののことをよく知っていると言いたかったのだろうか?)、
なにか熱弁しているが、よくわからない。H多野先生が「短く」とサインを送っているのに終わる様子もない。
シラ~っとした雰囲気にようやく気がついたのか、学生に同意を求める問いかけをしたもののまったく反応が悪い。
完全にすべっている。
最後にむりやり言いたかったことをまとめようとして、参加者で社会人の方はきものを着て来て下さい、学生も着てみて下さい、
と言ったが、もはやこっちは聞こうかという姿勢がない上に、最後まで上から目線なもんだから当然響いてない。
彼女としては、日頃思っていること、今回の参加で強く感じたことを、みんな共感してくれるだろう、と思って
話したつもりだろうが、1.がんばりすぎ(すごく気負っている) 2.結論先に言わないから、おまけにいらんことを
いろいろ言うので何が言いたいのかよくわからんし、聞こうかという姿勢にならない。

最後に言ったことは、きもの好きの人はみな思っていることなんだけれど、言うタイミング、口調、順番、長さ、自己紹介、
どれをとってもはずしていて、本来なら皆が同意する内容を、なんやコイツ、なに?この人、と感情を逆撫でしてしまって
受け入れてもらえない典型的なパターンの訴求であった。

んー、相変わらずKYなやっちゃな~、と思ってしまった。
by ktsu0011 | 2009-09-19 19:20 | きもの