<   2013年 03月 ( 14 )   > この月の画像一覧

2013.3.29(金) 東進講師 林修氏

金スマに、今話題の、東進講師林修氏が出るというので見た。
c0042874_12165561.jpg

「いつやるの、今でしょ」だけでなく
「講義で3人から質問が来たら、講義が完璧ではなかった、甘い授業だったと見直す」
「合格した受験生から感謝されるが、感謝すべきは両親に。予備校の授業は商品で
選んだ目が良いのであって、予備校に感謝する必要はない。それよりも受験生活を支えてくれた両親に感謝を」
「東大に入った人は人生でその能力を二度と使うことはない。人生ですべて負けても良い。ただ1つ勝つなにかを見つけられれば」
と、感嘆することを話していた。

------------------------------------------

【3/29放送『金スマスペシャル』に今ブレイク中の林修さんが登場!波乱万丈人生とは・・・】

3/29放送の『金スマスペシャル』に今、「今でしょ」CMで大ブレイク中の「林修」さんが出演!
林修さんがブレイクしているのは知っていますが、もう金スマで密着される段階にまで来たんですね・・・
あの、いいともにも出演するくらいですからね。

あのCMはちょっとムカつく、なんて声も聞きますが、インパクトは十分ですよね。
個性的な講師の方々いますが、見事トリを務めてますw ↓


まず、林修さんの人生をおさらいしましょう。

東海高等学校を卒業し、現役で東京大学に入学した秀才です。
東京大学を卒業し、日本長期信用銀行に入社したが、「この会社はもうすぐつぶれると思った」という理由でわずか半年で退社。
先見の明があるんですね。

その後、個人でいろんな商売を始めるが失敗を繰り返し、後に予備校講師に転身したそうです。
東進ハイスクールには1992年頃から所属していたが、途中で河合塾にも出講したりもしたそうです。

そして2009年からは東進ハイスクールの専任講師となります。
話題のCMに出演されたのも東進のころ。
東京大学・京都大学の入試現代文対策授業などを中心に担当しているそうです。
全国の東進衛星予備校が主催する公開授業などにも進んで参加し、一年の半分以上をホテル生活で過ごすなど、教育に対する真剣な姿勢がうかがえますね。

以上からわかるように、林修さんは多忙です。
その為、仕事の補佐(マネージャー?)的な専属スタッフが何人か付いているなんて話もあります。

いやあ、人に歴史あり。
なかなか波乱万丈と言えば波乱万丈ですね。。。

やらしい話、今だけ多忙だと年収はどんなもんか気になりますよね??
詳細はわかりませんが、数千万はくだらないようです。
しかもブレイクする前で。
って事は今は・・・・
想像力が働きますねw

結婚もされてます。
嫁さんもきれいな方ですよ↓(林裕子さん)

元教え子なんて話もあります。
いやあ、うらやまー。


金スマに出たことで、また認知度も上がるでしょう。
今後の活躍に注目したいと思います!

進学塾で講師を務める“林修(はやしおさむ)”講師

「じゃあいつやるか?今でしょ?」のトヨタのCMが印象的な林修講師は『東進ハイスクール』で人気の高い有名な先生です

林修講師の年齢は?学歴は?奥さんはどんな人?

なんかムカつく・・という印象を持たれる人も多い

林修さんについて詳しく調べてみました!






林修講師は1965年に愛知県の名古屋市で生まれました

1965年生まれという事は今年で48歳ですね♪

やはりといいいますか当然と言いますか

最終学歴は“東京大学法学部”を卒業しており

日本長期信用銀行で勤務していた経歴を持っております。



しかしその後、日本長期信用銀行を退職し

予備校の講師として現在は活躍しております。




東進ハイスクールはパソコンを使用しオンラインでの授業をメインとしており

“いつでも何回でも繰り返し”講師の授業動画で勉強できることが魅力です。



林修講師の受け持つ授業は特に人気が高く

実際に林修講師がオフラインで行う対面式の授業は

常に満席になるほどの人気を誇っております。





授業が終わったあとは林修講師のサインを求めるために生徒が行列を作って待っている程

人気も講師としての実績もある人物です。



2013年2月15日に放送された『中居正広の金曜日のスマたちへ』では

現在注目を浴びている“林修講師”に密着



東進ハイスクールでの授業はどのように行われているのか?や

TBSアナウンサーへアナウンサーとしての心構えなどの授業を行うシーンもあり

また、林修講師の自宅へも訪問し奥様で産婦人科医の“林裕子”さんもテレビの前に登場

仲睦まじい夫婦像を視聴者へ届けました




また、金スマのカメラは林修講師の書斎へも潜入

そこで目を引いたのが、本棚一面に並べられた“名言”の本

背表紙からは『D・カーネギー』や『福本伸行』の名言集などの本がズラーッと並べられておりました



金スマでは林修講師の年収についても触れられており

明確な金額までは発表されなかったものの

レポートしたアナウンサーが林修さんから耳打ちで金額を聞き

「え!?そんなに!!?」と驚くほどの金額のようで

これは一般的なサラリーマンをはるかに凌駕するほどの年収を貰っていると推測出来ますね





林修講師が放つ名言のひとつに『じゃあいつやるの?今でしょ?』という言葉があります

いまtwitterなどではこの『今でしょ?』というワードを使う人がとても多く

もしかすると今年の流行語大賞に『今でしょ?』が選ばれるのでは?

との声も上がっております。
by ktsu0011 | 2013-03-30 12:17 | 日常生活

2013.3.30(土) 「純と愛」終了

NHK朝ドラ「純と愛」 が終了した。
沖縄に戻るまではおもしろかったけれど、最後の1ヶ月はいまいちだった。
c0042874_1185831.jpg

以下、ヤフーTVより
--------------------------------------
夏菜が朝ドラに主演!大阪の一流ホテルに就職した無鉄砲ヒロインの成長物語
月~土
純と愛(NHK総合)
あらすじ 3月25日~(第26週)
【最終週】
『月』手術から2週間がたち、純(夏菜)と多恵子(若村麻由美)は医師から愛(風間俊介)が二度と目を覚まさないかもしれないと告げられる。一方、晴海(森下愛子)は家族の事も忘れてしまう。
『火』愛は意識が戻らないまま退院。ひとまず宮古島を離れることにした多恵子に、純は愛に「眠り姫」を読んでほしいと頼む。
『水』善行(武田鉄矢)との思い出を語る晴海に、純はせつない。そんな中、純がホテルを始めると知った真一郎(舘ひろし)や水野(城田優)、さらにサト(余貴美子)や忍(田中要次)がやって来る。
『木』愛に次々と話しかける一同。みんなはホテルを開けと言うが、純は愛が目を覚まさなければ魔法の国は作れないと答える。
『金』愛の手を握って、涙を流す純。そこへ晴海がやって来た。純のことをホテルの従業員だと思っているらしい晴海は、純に家族の写真を見せ、ここは魔法の国だと言う。
『土』ホテルを始める決意をした純のために、正(速水もこみち)や仲間たちは再び協力し合う。そして純は、愛が目を覚ますまでに、必ずここを魔法の国にしてみせると、心に誓う。

前回までのあらすじを見る
放送開始日:2012年10月1日
毎週月曜~土曜 08:00~08:15
見たい!とは21276人が見たい! あなたも見たい?

みんなの感想:50401件みんなの評価(平均 2.76点)
カレンダーに追加(Yahoo!カレンダーに予定を追加できます)
最新の放送スケジュールと内容を見る
公式サイト
スタッフ
脚本:遊川和彦
演出:梛川善郎
演出:小林大児
プロデュース:大久保篤
制作統括:山本敏彦
主題歌:いちばん近くに/HY
キャスト(人名はYahoo!検索(人物)にリンクしています)
夏菜/狩野純役
狩野家の長女。3人兄弟のまんなかで兄と弟がいる。無鉄砲で一本気な性格。正義感が強い。高校時代はハンドボール部でキーパーとして活躍。大学卒業後、大阪のオオサキプラザホテルに就職する。大阪で出会った青年・愛とはお互いに惹かれ合い、2人は支え合いながら様々な苦難を乗り越えていく。
風間俊介/待田愛役
著名な弁護士夫婦の息子。かつては名門進学校に通う優等生だった。ある出来事をきっかけに、人の顔を見るとその人の本性が見えるようになり、他人はもちろん自分の家族のことも拒絶して生きていたが、裏表のない純に出会い、純のために生きていこうと決意する。
森下愛子/狩野晴海役
純の母。宮古島出身のおおらかな女性。自分の父親が開業した宮古島のサザンアイランドホテルを夫の善行が継いでくれたことに感謝している。そのため、善行の経営のやり方には口を出さないように心がけている。
速水もこみち/狩野正役
純の兄。狩野家の長男。流行りものと手近な女性にはすぐ手を出すタイプ。得意のコンピュータやネットワークの知識を生かして、サザンアイランドホテルのウェブサイトや顧客情報を管理するなど家業を手伝っている。
武田鉄矢/狩野善行役
純の父。大阪でサラリーマンをしていたが仕事に失敗し、妻の父親が経営する宮古島のサザンアイランドホテルに家族で転がり込む。義父の死後、ホテルの2代目社長に就任するが、経営は悪化。純とは意見の衝突が多い。
舘ひろし/大先真一郎役
日本の老舗ホテル・オオサキプラザホテルを傘下にもつ観光会社の2代目社長。子供の頃からホテルに泊まることが大好き。しかし経営には全く興味がなく、経営方針も人には言えない特殊な方法で決断している。
概要
映画、ドラマ、バラエティーなど幅広いジャンルで活躍する女優・夏菜が、連続テレビ小説第87作目のヒロインに。沖縄・宮古島で小さなホテルを経営する両親のもとを飛び出し、大阪の一流ホテルに就職した主人公が、仕事、恋愛、結婚など様々な試練に立ち向かいながら成長していく姿を描く。夏菜は「どこまでも前向きなヒロインを楽しく演じたい。毎日ついつい見てしまうようなドラマになるよう一生懸命頑張ります」と意欲十分。脚本は「さとうきび畑の唄」(2003年)、「家政婦のミタ」(2011年)など数々の話題作を手がけた遊川和彦が担当する。
ストーリー
沖縄の宮古島で小さなホテルを営む両親のもと、まっすぐでしっかり者の女性に成長した狩野純(夏菜)は、大学卒業後、実家のホテルを手伝いたいと申し出る。しかし、犬猿の仲の父・狩野善行(武田鉄矢)に反対され大ゲンカに。「ならば、大手ホテルの社長になって見返してやる!」と啖呵を切って就職活動を始めた純は、大阪の一流ホテル・オオサキプラザホテルの入社試験を受ける。面接で「社長になるために来ました」と爆弾発言をした純だったが、この言葉が社長の大先真一郎(舘ひろし)の目に留まり採用が決定。さっそく大阪で一人暮らしを始めた純は、他人とかかわらずに生きようとする風変わりな青年・待田愛(風間俊介)と出会う。

--------------------------------------------
前回までのあらすじ最新のあらすじはこちら
3月18日~(第25週)
『月』愛(風間俊介)が倒れ、脳腫瘍と診断される。医師は手術をしても完治する保証はないと言う。目を覚ました愛は落ち込む純(夏菜)に、ホテルを予定通り開業するよう頼む。
『火』愛は、二度と純に会えなくなるのではと手術をためらう。純は多恵子(若村麻由美)に説得を頼み、愛は手術の結果にかかわらずホテルをオープンするのを条件に手術に同意。
『水』愛の手術が、ホテルオープンの前日に行われることが決まる。愛は手術の前にもう一度、ホテルを見ておきたいと言う。
『木』車椅子でやって来た愛を、正(速水もこみち)たち従業員一同が笑顔で出迎える。愛はホテルの仲間たちと、穏やかな時間を過ごす。
『金』病室で、愛は純に2人の楽しかった思い出を語り、もし自分が死んでもホテルは必ずオープンしてほしいと頼む。手術当日、台風が接近し、風雨は次第に激しくなる。
『土』愛の手術は無事終わったものの、ホテルは台風で大きな被害を受ける。無残な姿をさらすホテルを見て、純は無念の思いでホテルのオープンを延期することを決める。

3月11日~(第24週)
『月』ホテル開業に向けて着々と準備が進み、羽純(朝倉あき)や蘭(映美くらら)たちも、宮古島に駆けつける。純(夏菜)は、愛(風間俊介)のために素晴らしいホテルにしようと心に誓う。
『火』誠(岡本玲)がホテルで働かせてほしいと訪ねてきた。愛は多恵子(若村麻由美)と謙次(堀内正美)に連絡するよう言うが、誠は拒否する。
『水』家族がばらばらになるのを心配する愛のため、純は多恵子と謙次をホテルのプレオープンに招待することに。だが招待状を受け取った2人はそれぞれ来ないと返事を。
『木』誠が大阪に帰ると言いだし、純は多恵子たちにメールして来させると引き止める。そんな中ホテルの看板メニューの料理が決まり、剛(渡部秀)の描く壁の絵も完成する。
『金』プレオープンの日、多恵子と謙次がやって来た。2人は愛の言葉に心を打たれ、互いにこれまでのことを家族にわびる。
『土』多恵子は、愛の亡くなった双子の弟・純について語り始める。待田家の面々は家族の絆を確かめ合い、これからは家族の誕生日に全員が集まって祝おうと決める。

3月4日~(第23週)
『月』秋代(朝加真由美)の別荘を借りホテルをオープンさせることにした純(夏菜)たち。愛(風間俊介)もここが魔法の国になるのだと感慨深げだ。だが建物内は荒れ果てていた。
『火』室内の片付けは終わるが、ホテル開業の資金が不足。近所の人々の反応も素っ気ない。そんな中、純と愛はキン(吉田妙子)の店で、おじいのジュークボックスと再会する。
『水』晴海(森下愛子)が行方不明になり、一同は懸命に捜す。一方、純はキンの孫で高校時代に交際していた勝(柳下大)と再会する。
『木』純はどんなホテルにしたいかについて愛に話すが、最近いらいらしている様子の愛のことが気掛かりだ。そんな愛は、声が聞きたくなったと多恵子(若村麻由美)に電話を。
『金』勝が勝手にジュークボックスを売ってしまう。一方、晴海はホテルの開業資金を貸してくれる島の友人たちを連れてくる。
『土』キンが取り戻したジュークボックスをホテルに置くことにした純。純は愛に、愛が笑顔になるようなホテルにしたいと告げ、翌日から2人は理想のホテルづくりを始める。
2月25日~(第22週)
『月』自分が関わったホテルはみんな駄目になるとふてくされる純(夏菜)。一方、サト(余貴美子)は、意外にもさっぱりした様子だ。そんな中、愛(風間俊介)が実家に帰ると出て行く。
『火』誠(岡本玲)が訪ねて来て、愛が署名した離婚届を、純に手渡す。純は愛に戻ってきてほしいと頼むが、愛はホテルの仕事をする気がないなら帰らないと突っぱねる。
『水』愛の言葉にかっとなった純は離婚届にサインを。その後、秋代(朝加真由美)と再会した純は彼女が元デザイナーだと知る。
『木』里やの面々が、また一緒に働きたいと訴えるが、純は逃げるように去る。その後、待田家を訪ねた純は、晴海(森下愛子)を連れて宮古島に帰ることにしたと、愛に告げる。
『金』純は、秋代に笑顔になってもらうため奔走するも失敗。一方、多恵子(若村麻由美)は、一生支えると約束したのなら、一番苦しい今こそ純のそばにいるべきだと、愛を諭す。
『土』純はホテル以外の仕事はしないと約束、愛も純をこれからも支え続けると誓う。そんな中秋代が現れ、2人にある提案をする。

2月18日~(第21週)
『月』宣伝用のビデオ映像が評判となり、活気を取り戻しつつある里や。客の美矢(菜葉菜)と水田(水橋研二)は互いに相手が気になるようだが、うまく話すことができない。
『火』美矢と水田は良い雰囲気に。そんな中、多恵子(若村麻由美)が里やにやって来る。晴海(森下愛子)の病状に対し不安を訴える純(夏菜)に、多恵子は今のままの純でいいと答える。
『水』父親の介護などを理由に告白を断った水田だが、美矢はそれでも構わない、と。2人は里やで結婚式を挙げることになる。
『木』祝いの宴会で酒を飲んだ美矢は、暴れて手が付けられなくなる。彼女は極度に酒ぐせが悪かったのだ。部屋に移された美矢は、たばこに火をつけたまま寝てしまう。
『金』深夜、純がベルの音で目を覚ますと、美矢の客室から煙が。純たちは客を慌てて避難させるが、炎は勢いを増していく。
『土』愛(風間俊介)は焼け跡の中から、奇跡的に残った「眠り姫」の絵本を見つける。部屋に戻った純が自分は人を幸せにすることなどできないと嘆くと、愛は激しく反論する。

2月11日~(第20週)
『月』サト(余貴美子)が突然、借金が返せなくなったから里やの営業をやめると言いだす。何とか阻止したい純(夏菜)は、愛(風間俊介)と現状の問題点を調べ再建策を見つけようとする。
『火』里やに現れた多恵子(若村麻由美)は、別人のように元気がない。そんな多恵子や一同に愛が作った料理が好評。そこで純は愛の料理を里やの売りにしてはとサトに提案する。
『水』多恵子が蘭(映美くらら)に髪の毛を切ってもらい、見違えるほど若返る。純は、蘭のヘアメークも売り物になると考える。
『木』里やに来た晴海(森下愛子)も、蘭に髪を切ってもらう。一方、会社を首になったという正(速水もこみち)は多恵子にマッサージを。純はこれも売りにできると里やの継続を訴える。
『金』純たちの熱意にほだされ、サトは営業を続けることに。純たちは、従来のホテルの形式にこだわらず、客が自宅にいるかのようにくつろげる里やにしようと決める。
『土』サトに金を貸したという男たちが現れて、建物を明け渡すよう迫ってきた。だが、多恵子が法律知識を駆使して追い返す。

2月4日~(第19週)
『月』認知症の進む晴海(森下愛子)の面倒をどのようにして見ようかと、純(夏菜)たちきょうだいに、愛(風間俊介)とマリヤ(高橋メアリージュン)が加わり、家族会議が開かれる。
『火』純のアパートで暮らし始めた晴海が、「メロちゃんはどこに行った」と言いだす。純はそれが誰のことだか分からない。
『水』善行(武田鉄矢)は、沖縄・宮古島で晴海と暮らすと決意。一方、晴海が「メロちゃんに会いに行く」とのメモを残し姿を消す。晴海は結婚前、善行をそう呼んでいたという。
『木』海に向かって歩いて行く晴海を善行が見つけ、呼び止める。すると、晴海が足を滑らせて海に転落。海に飛び込んで晴海を救った善行だが、自身は意識不明の状態に。
『金』病室で愛が手を取ると、善行は奇跡的に目を覚ます。何かを伝えたいようだが、口をパクパクさせるだけで声にならない。そこで愛は、善行の心の声に耳を傾けていく。
『土』里やでは、純のことをみんなが心配してくれていた。そんな中、純たちきょうだいや愛は、退院した晴海を部屋で迎える。

1月28日~(第18週)
『月』晴海(森下愛子)が若年性アルツハイマー型認知症と診断され、純(夏菜)はどうやって面倒を見ようかと頭を悩ます。そんな中、酔った善行(武田鉄矢)が暴れているとの連絡が。
『火』志道(石倉三郎)に誘われて沖縄の踊りをした晴海に、笑顔が。そこで愛(風間俊介)はマンションを宮古島の自宅と同じ内装にする。
『水』晴海が姿を消した。その後、大阪の海を見ていた晴海を多恵子(若村麻由美)が見つけ、里やに連れて来る。純は宮古にいる気分になれるからと晴海に里やで暮らすよう誘う。
『木』里やで晴海は忍(田中要次)に料理の手ほどきをするなどし、故郷に帰ったような気分になる。しかし、その晩、晴海が暴れだし、家に帰りたいと泣き崩れてしまう。
『金』晴海は結局、家に戻ることに。純は善行を捜し出すと、これからは晴海に寄り添って、大事にしてほしいと真剣に訴える。
『土』善行は晴海の病気と向き合うと決心。晴海に謝り、これからはそばにいて面倒を見ると温かい言葉を掛ける。だが晴海が意外なことを言いだし、周囲は衝撃を受ける。

1月21日~(第17週)
『月』蘭(映美)の夫・満田(金児憲史)が里やに来て、蘭の息子・士郎(岡田篤哉)を人質にして部屋に立てこもる。蘭は夫の暴力から逃れるため、里やに身を隠していたのだ。
『火』純(夏菜)が、満田の隙を突いて士郎を部屋から救い出す。だが満田は部屋に灯油をまき、火を付けると言って復縁を迫る。
『水』純と愛(風間俊介)は苦労の末、多恵子(若村麻由美)に里やに来てもらう。切れ者弁護士らしく、多恵子は即座に満田を追い返すことに成功。だがその直後、倒れ込んでしまう。
『木』謙次(堀内正美)との離婚話を進める多恵子に、愛はお母さんの苦しくて寂しい心の叫びが聞こえると言う。一方、謙次は、有能な妻に付いていけないと多恵子に告げる。
『金』善行(武田鉄矢)が会社を辞めていたことが分かる。純は思い切って、会社に行っているふりをするのはやめてと善行に頼む。
『土』物忘れが激しくなった晴海(森下愛子)が病院で診てもらい、若年性の認知症と診断される。晴海は宮古島に戻って暮らそうと頼むが、善行はその気はないと突っぱねる。

1月14日~(第16週)
『月』正(速水もこみち)が浮気をしたと、純(夏菜)を訪ねてマリヤ(高橋メアリージュン)がやって来る。正に業を煮やしたマリヤは子どもを残して去る。
『火』晴海(森下愛子)は正を浮気相手と別れさせると言うが、正は手を切っていなかった。優柔不断な態度に愛想を尽かしたマリヤは離婚届を付きつけると、正に署名をさせる。
『水』離婚届を持って出ていくマリヤ。純は連れ戻すよう説得しようとするが正は聞かず、善行(武田鉄矢)も黙ったままだ。純の心配をよそに、マリヤは離婚届を出してしまう。
『木』子どもを抱いてトラックの前に飛び出したマリヤは、善行に助けられる。駆け付けた正は、浮気相手とは別れたと話す。
『金』離婚届を出し他人になったマリヤに、正は再びプロポーズ。するとマリヤはまだ信じられないと言うと正に子どもを抱かせ、泣きやんだら正の言葉を信じると告げる。
『土』正はどうしても子どもを泣きやませることができず、マリヤは子どもと国に帰ると言う。すると愛(風間俊介)はマリヤに最後のチャンスをと頼み、正にあることをさせる。
by ktsu0011 | 2013-03-30 10:28 | 日常生活

「純と愛」つづき

1月7日~(第15週)
「里や」で働き始めた純(夏菜)だったが、客の顔が暗い上、自分を見る従業員たちの目は冷たい。自分は里やに必要な人間ではないと感じた純は、一時、退職も考える。里やには、2カ月もの間、部屋に閉じこもっている天野という宿泊客(佐藤二朗)がいた。天野は信頼していた人に裏切られ、事件を起こして服役し、出所後、仕事を探したが見つからず、人生に絶望していることが分かる。何とか生きる希望を持ってもらおうとする純は、かつて天野が娘に童話を読み聞かせていたことを愛(風間俊介)から聞き、一晩中、部屋の前で童話を読み続ける。一方、純と愛の家族にも異変が起きていた。正(速水もこみち)が浮気をし、善行(武田鉄矢)は横柄な言動を上司にとがめられたことに逆上して会社を辞め、晴海(森下愛子)は自分が認知症ではないかと不安を感じていた。

1月4日~(第14週)
新年を迎え、純(夏菜)と愛(風間俊介)は、2人の実家に年賀のあいさつに出掛ける。愛の家では、謙次(堀内正美)と誠(岡本玲)が歓迎してくれたが、多恵子(若村麻由美)は、顔を見るだけでもおぞましいと純をののしる。善行(武田鉄矢)も不機嫌そのもので、晴海(森下愛子)の作ったお節料理にけちをつける。それを見た純がたしなめると、善行は、正月早々、不愉快だと純を怒鳴りつける。2人は、先日、純を看病してくれた礼も兼ねて、サト(余貴美子)の店を訪ねる。店はサトの義父が大阪にやって来る沖縄県人のために建てたもので、食堂の他にホテルも兼ねていた。それを知った純は、ぜひここで働かせてほしいとサトに頼み込む。

12月24日~(第13週)
祖父の‘魔法の国’が消えてしまってから、純(夏菜)は何もやる気が起こらない。愛(風間俊介)が何とか元気づけようとしても、純はかたくなに心を閉ざすばかりだった。2人の仲はぎくしゃくし、ついに言い合いになり、愛が家を飛び出す。マリヤ(高橋メアリージュン)が自宅で出産するので、純は那覇の正(速水もこみち)のマンションを訪れる。難産の末にマリヤは女の子を産むが、感激したのもつかの間、純はそこで善行(武田鉄矢)と言い合いになる。意気消沈して大阪に戻った純は、水野(城田優)と再会し、愚痴をこぼした揚げ句、泥酔してしまう。沖縄料理店の女主人・サト(余貴美子)が、正体不明となった純を見つけ、介抱してくれる。一部始終を聞いたサトは、愛は掛け替えのない人だから大切にするようにと純を諭す。お互いを捜し求める純と愛は、大みそかの街で再会を果たす。

12月17日~(第12週)
『月』純(夏菜)と愛(風間俊介)は、ホテルの売買契約を白紙に戻す方法を教えてくれと多恵子(若村麻由美)に頼む。すると、ホテル前のビーチは晴海(森下愛子)個人の所有だと判明する。
『火』純は売却するのをやめて一緒にホテルを立て直そうと言い、愛と一緒に考えた再建計画書を見せて善行(武田鉄矢)を説得する。
『水』ホテルを客で満員にして、再建できることを債権者に示そうと、純たちの奮闘が始まる。それでも考えを曲げない善行に対し、晴海は自分と離婚してくれと切り出す。
『木』晴海は善行に、純を社長にし借金を返すと宣言。一方、純は債権者に再建策を熱心に説いて回る。そんな中、純たちは連絡の取れない善行が海に入っていくのを見る。
『金』家族みんなでやり直そうと言い働く善行の姿に、晴海はひと安心。だがある日リサイクル業者がホテルの備品を運び出す。
『土』純がホテルの再建は諦めないと善行に抗議している最中、ブルドーザーが現れて、ホテルを破壊していく。がれきの山となったホテルを見て、純はぼうぜんとなる。

12月10日~(第11週)
『月』「カイザーオオサキ」となったホテルで戸惑いながらも働く純(夏菜)。一方、沖縄・宮古の家族は家の電話だけでなく個々の携帯にかけても誰も出ず、純は心配する。
『火』善行(武田鉄矢)が突然、大阪のホテルに現れる。純の知らせで大阪に駆け付けた晴海(森下愛子)は、借金清算のため善行が実家とホテルを売る計画を立てていると純に告げる。
『水』愛(風間俊介)の活躍で、善行が売却の契約書に判を押すのを一時阻止。家族は顔を合わせて、沖縄のホテルの今後を話し合う。
『木』剛(渡部秀)が誠(岡本玲)と結婚すると言い出し、またも大騒ぎに。だが多恵子(若村麻由美)は取り合わず、怒る善行。そんな中、千春(黒木華)がホテルを辞めると言いだす。
『金』剛と誠の結婚式が始まってしまう。うろたえる純だが、さらに善行がホテルの部屋で売却契約をしようとしていると知る。
『土』愛は純に、宮古に帰っておじいのホテルを取り戻せと言う。諦めなければ奇跡を起こせると、純を励ます愛。純は、宮古の「魔法の国」を守るために退職を決意する。

12月3日~(第10週)
『月』大先(舘ひろし)は純(夏菜)に、外資系ホテルグループのカイザーとの交渉のために秘書になってくれと頼む。一度は断った純だが、愛(風間俊介)の言葉にも押され、交渉の場へ。
『火』大先から、もし君が社長だったらどうするかと聞かれた純。一方、宮古の狩野家の面々にも、数々の問題が起こっていた。
『水』大先は、自分を社長に残すという条件でカイザーとの合併を受け入れることに。しかし、改革は続々と進み、米田(矢島健一)たちもリストラの対象となってしまう。
『木』ついにホテルがリニューアルオープンするが雰囲気は暗かった。ついにはリストラを迫られた怒りで米田が暴れだし、客の種田(正司花江)が巻き添えとなり倒れてしまう。
『金』種田は亡き夫を偲んで、毎日ホテルを訪れていたらしい。大先は、自分はもう逃げないと決意。昔どおりのホテルに戻そうと、純や愛たちは新たな再生計画を練る。
『土』改革案を持ち子ども時代から憧れたスーパーマンのようにさっそうと役員会に臨む大先。だがその席で解任されてしまう。

11月26日~(第9週)
『月』結婚式を予約していた客が、経済的な理由などでキャンセルを申し出る。純(夏菜)は写真だけでも撮らないかと提案するが、本当は式を挙げ2人を祝福したいと思う。
『火』2人に式を挙げさせたいと考える純は、大先(舘ひろし)からロビーは様々な人生が交わる場所だと聞いて、あることをひらめく。
『水』純はロビーでの挙式を提案するが、上司らは否定的。意外にも総支配人・中津留(志賀廣太郎)が賛成してくれるが、実現のためには各部署に根回しをしろと言われる。
『木』ロビー結婚式がホテル創立60周年記念企画に。だが純はこの企画が2人の祝福からホテルの宣伝に変わっていると気付く。
『金』結婚式をマスコミに取材させることに反対する純は、企画から外されそうに。だが、富士子(吉田羊)たちが純に同調、取材抜きで、本人たちにはサプライズで行うことに。
『土』結婚式当日、2人は式の辞退を言い出す。しかし愛(風間俊介)が両家の両親を説得して連れて来たため、挙式に同意。純はあらためてこのホテルに勤めて良かったと思う。

11月19日~(第8週)
『月』純(夏菜)と愛(風間俊介)との新婚生活が始まる。純の担当する女性客(宮嶋麻衣)の元彼(中村昌也)が彼女に付きまとい、結婚式をめちゃめちゃにしてやると予告してくる。
『火』結婚式当日、場に向かおうとする元彼を純らは必死に押しとどめ、式は無事終了。すると元彼は、標的を純に切り替える。
『水』元彼は純と結婚したいと言い出し、純のマンションにまで押し掛け、愛と別れろと迫る。何とか追い返した純のパソコンに「ドブス、絶対殺す」というメールが届く。
『木』結婚式場情報サイトに、男を誘惑する女などと中傷する書き込みがあり、窮地に立たされる純。その後、元彼のストーカー行為はますますエスカレートしていく。
『金』元彼が純を連れ去ろうとした時、水野(城田優)が現れ、純を救う。そんな中、純たちの部屋に晴海(森下愛子)がやって来る。晴海は愛との結婚は間違いだと思うと純に話す。
『土』ストーカー事件以来、人と接するのが怖くなった純に、水野は愛と別れろと口説き始める。するとそこに、愛が現れる。

11月12日~(第7週)
『月』純(夏菜)と愛(風間俊介)は婚姻届を提出しようとする。だが保証人に当てがなく、誠(岡本玲)に頼むが、もう1人が決まらない。そんな中、純は、ブライダルに異動となる。
『火』純の初担当は、父親(蟷螂襲)に元彼との結婚を反対されやけになり、行きずりの男性(矢口恭平)と結婚しようとする女性(長井梨紗)。父親がキャンセルを命じても彼女は譲らない。
『水』純は女性に結婚は本当に好きな人とするものと言い担当を外される。その後ホテルに来た元彼(小林ユウキチ)を純は説得。
『木』純と愛の熱意が実り、女性は恋人と式を挙げることにする。しかし、女性の父親は、定職を持たず、将来性もない男に娘はやれないと2人の結婚を認めようとしない。
『金』結婚式当日、現れた父親に新郎は、心から結婚を許してくれるまで頑張ると誓う。そんな2人を見た父親は、結婚を許す。
『土』ホテルで結婚式を挙げる純と愛。だがそこに、来るはずもない互いの両親たちが姿を見せる。さらに兄弟など他の家族たちも駆け付けて、結婚式は大変な騒ぎとなる。

11月5日~(第6週)
『月』愛(風間俊介)が出て行き全く連絡がつかず、気力を失う純(夏菜)。一方、正(速水もこみち)の結婚話は着々と進む。そんな中、愛の不在を知った水野(城田優)は純に猛アタックをする。
『火』誠(岡本玲)が、正の結婚式に出ろという愛の言葉を純に伝える。その後、純に愛から那覇の住所を記したメールが。その住所にはマリヤ(高橋メアリージュン)がいた。
『水』宮古島に着いた純は、正の結婚について善行(武田鉄矢)を責めるが、晴海(森下愛子)にたたかれる。そんな純の前に、愛が現れる。
『木』純は家族に愛を紹介し、付き合っていることを告げる。愛も精一杯のあいさつを。そして迎えた結婚式の最中、突然マリヤが現れて、正に自分と結婚してくれと言う。
『金』式から逃げた正とマリヤを、空港で捕まえようとする善行だが、正たちは船で逃げる。一方、心の病気を疑われた愛は、仕方なく純の家族の本性を見る羽目になる。
『土』家族から切り離された純の悲しみを感じた愛は多恵子(若村麻由美)に電話をし、自分は多恵子ではなく純を選ぶことを宣言する。

10月29日~(第5週)
『月』純(夏菜)は、ホテルで愛(風間俊介)の父親・謙次(堀内正美)の浮気現場を目撃。同じ日に多恵子(若村麻由美)もホテルを訪れて、愛の居場所を教えるよう迫るが、純は拒否する。
『火』正(速水もこみち)が結婚するという。善行(武田鉄矢)が先方に資金援助を期待していると知り怒る純。一方、善行はマリヤ(高橋メアリージュン)がまだ正の子を妊娠中と知る。
『水』愛は子どもや動物相手の仕事に就くがうまくいかない。一方、純は失敗続きの上、客からのクレームもあり、落ち込む。
『木』純を中傷する投書をしているのが千香(黒木華)だと見抜いた愛は、千香をいさめようとしてまた騒動に。そんな愛に純は、一度病院に行ってみないかと言ってしまう。
『金』純と愛は、病院のことを口に出してから気まずい。多恵子はそんな2人に、あらためて愛を病院へ連れて行けと念を押す。
『土』統合失調症と診断された愛。愛は最初から決めつける医者(小沢和義)に怒り、純に対しても、今の純には魔法の国など作れないと言う。すると純は愛こそ病気だと言ってしまう。

10月22日~(第4週)
『月』純(夏菜)は愛(風間俊介)に、付き合ってほしいと告白。愛はとりあえず仮契約と答え純を戸惑わせる。翌日、2人はデートを。
『火』純と愛が付き合い始めたことを知った水野(城田優)は、2人を祝いたいと、千香(黒木華)も誘って4人で食事をすることに。だが実は、水野にはあるもくろみがあった。
『水』ホテルの女性客(茂中瑛子)の指輪がなくなり、彼女は純が盗んだと騒ぎ立てる。部屋中捜したが指輪は見つからず、純は始末書を書く羽目になり、愛に愚痴をこぼす。
『木』愛が、女性客の子ども(古城戸雄多)をいきなりたたき、大騒ぎとなる。警察で事情を聞かれた愛は、弁護士の父親・謙次(堀内正美)が身元引受人となり、釈放される。
『金』純は愛と一緒に愛の家を訪れるが、厳格な弁護士である母親の多恵子(若村麻由美)は何が不満で家を出たのかと愛をなじる。すると愛は弟が亡くなった時のことを語りだす。
『土』家からの帰り道、愛は純にやはり付き合うのは無理と告げて、走り去る。それきり電話にも出ない愛を、純は懸命に捜す。

10月15日~(第3週)
『月』純(夏菜)の兄・正(速水もこみち)が交際していた女性が妊娠。女性は産むというが、正は結婚する気はなくもめていた。困った母・晴海(森下愛子)が、純に電話をかけてくる。
『火』純はホテルの外国人客に彼の娘が喜ぶ誕生日プレゼントを探すと約束。一方、晴海からは、沖縄・那覇行きの航空券が届く。
『水』那覇で純はマリヤ(高橋メアリージュン)と会うが、彼女は正とは別れず、彼の子を絶対に産むと言う。商店街で竹笛を見つけた純は、外国人客の娘のプレゼント用に買うことにする。
『木』父・善行(武田鉄矢)がマリヤを訪ね、手切れ金を手渡そうとした。怒った純は、父と激しい言い合いに。するとマリヤは、二度と正とは会わないと言い残して立ち去る。
『金』関西方面の悪天候のため、大阪行きの飛行機が欠航になる。そのため外国人客との大事な約束が果たせず、純は落ち込む。
『土』純は、人のために良かれと思ってやったことが全て空回りしていると、愛(風間俊介)に愚痴をこぼす。そんな純に愛は、君は人の幸せを願って頑張っていると励ます。

10月8日~(第2週)
『月』ベル係になった純(夏菜)が初めて担当した客・北見(平泉成)から隣の部屋が騒がしいという苦情が入る。純は部屋の大騒ぎを止めさせようと、その部屋に向かう。
『火』騒いでいたのは大得意客・壁谷(近藤芳正)らだった。純は宿泊部長・米田(矢島健一)に相談するが静観しろと言われる。納得できない純は壁谷を説得しようとする。
『水』純の窮地を救ったのは愛(風間俊介)だった。愛のヒントから過去の宿泊記録を調べた純は、北見がホテルに宿泊した理由を知る。
『木』純は壁谷に、静かにしてもらえないなら出ていってほしいと、隣室の北見のことを説明する。だが、壁谷は怒って、二度とこのホテルを利用しないと言って去る。
『金』大事な顧客を失った責任を取り退職願を出そうとする純。すると社長の大先(舘ひろし)が現れ、その事は一件落着したと告げる。
『土』水野(城田優)が別れ際に純にキスしようとするが、愛が現れ、うやむやになる。一方、職場では陰口をたたかれ、壁谷には殴られと災難続きで、純は深い孤独を感じる。

10月1日~(第1週)
『月』純(夏菜)は、沖縄・宮古島にある実家のホテルの経営をめぐって、父・善行(武田鉄矢)と大げんか。家を飛び出して向かった大阪で、純は奇妙な青年・愛(風間俊介)と出会う。
『火』純は大阪の老舗ホテルの入社試験を受ける。面接で将来ここの社長になりたいと答えた純は、面接官たちをあきれさせる。
『水』試験を受けたホテルから入社試験の合否の連絡が来ず、純のいら立ちが募る。駄目だったら沖縄に帰ろうと考えた純は、その前に一度、このホテルに泊まることにする。
『木』ホテルから採用の通知があった。新人研修の指導内容にうんざりした純は、一日も早く現場に出たいと気ばかりが焦る。
『金』深夜のフロント業務の研修で、純は禁じられている深夜0時過ぎのルームサービスを行って上司から大目玉を食らう。だが純は、それは間違っていると反論する。
『土』研修指導の先輩から勝手なことをするなとたしなめられ、落ち込む純。一方、純の実家では、弟・剛(渡部
秀)が大学進学をやめ家を出ると言い出して騒動になっていた。
by ktsu0011 | 2013-03-30 10:15 | 日常生活

2013.3.30(土) 参考になる

1.中村伊知哉 デジタル教育反対派への10の質問

2013年3月28日木曜日
デジタル教育反対派への10の質問

2.解明! 運がない人は、なぜ運がないのか
プレジデント 3月18日(月)8時45分配信:

解明! 運がない人は、なぜ運がないのか
プレジデント 3月18日(月)8時45分配信


図1
 仕事もプライベートもトントン拍子に進む幸せな人と、何をしてもトラブルに見舞われる不運続きの人がいるのはなぜだろうか。気鋭の研究者が心理学的に解説する。

■他人に配慮できる人ほど運がいい
by ktsu0011 | 2013-03-30 09:29 | 日常生活

2013.3.28(木) 開花と太秦温泉

先日行かなかった太秦湯(実は太秦温泉だった)へ行ってみようと、ベスパででかけた。

あとで珉珉で中華でも喰うか、と京福で行こうかと思ったが、メンドーだったので、ベスパで。
途中、太秦映画撮影所前の中華屋がえらいきれいになっていて、気になったが、先に珉珉を見に行ったら
今日は定休日だった。そこで、先に喰ってから太秦湯へ行こうと、開花へ。

時間も遅かったので、客はいなかった。
メニューを見ると、なかなか本格的。でも安い。
海老玉をセット(スープ、サラダ、シューマイ、香の物、ごはん)にして、待っている間、置いてあった本を
見ると、どちらにも載っている。一冊はミニコミ誌、もう一冊は「船越英一郎の京都案内」 
帰ってさっそくアマゾンでオーダーしてしまった。
さて、本にスープが命みたいな事が書いてあったので、メニューが本格的なだけでなく、味も期待できそう。
c0042874_1053261.jpg
c0042874_12592085.jpg

2冊目にかかる時にできあがってきた。
おお!海老玉は、なき鳳舞、鳳飛?(鞍馬口)のを彷彿とさせるかたちとたれ。
味もそのとおり。これはうれしい。
スープもうまい。なかなかセットのスープがうまい中華屋にはあたらないのでこれもうれしい。
あんまりうまいので、海老玉のたれも飲み干してしまった。
他にも喰いたい所だったが、明日は健康診断なので、控えめにしておく。
ご主人に「おしいかったですわ~、また来ます」と挨拶して。

開花 (カイホウ)
075-881-9320
京都市右京区太秦西蜂岡町9-99
営業時間11:00~14:00 17:00~21:00
定休日 土・日・祝日

http://qas.amgrrow.com/?eid=44 さんから、以下写真を拝借。
c0042874_22135596.jpg

c0042874_22142119.jpg


さて、太秦湯。番台には同い年くらいの美女が座っていたのでキンチョーする(笑)
町中の銭湯そのものの風情、大きさ(浴室内の大きさ 8*10mくらい)だが、
1.浴室に入ったとたんにすごく熱気があったこと
2.人が少ないこと(5人くらい)
3.湯が以前のやしろ湯のような軟水で泡立ちがよかったこと
4.サウナがキョーレツに熱かったこと(これはあとで、常連のオジンが、センサーに水をかけて
より熱くしていたことがわかった(笑))
などから、とても気に入った。ここはええわ。
c0042874_2224510.jpg

以下、「お風呂屋さん的京都案内」より
入湯日:2003/10/15 22:30

 嵐電の太秦駅から帷子ノ辻まで延びる大映通り商店街の中程にあるお風呂屋さんです。暖簾の掛かる玄関の前は、屋内駐輪スペースになっていて、玄関スペースが二段構えになっているような感じです。古い型のタバコの自販機が置かれた玄関スペースもゆったりと取られています。
 脱衣場はあまり装飾品の類は置かれていないのですが、貼り紙がいっぱいあります。道路側に水が抜かれた池のある庭があるのですが、そこには「池に金魚がいますので、タオルを絞ったり、吸い殻を捨てたりしないで下さい」と・・・。金魚はどうなったんでしょう?また、東京では一般的になってきているようですが、室内で携帯電話は使わないでくださいとの貼り紙もあります。他にもこう薬類は剥がしてから入浴してくださいなどなど。浴室内にも、水風呂には「水中メガネをして潜ったり、飛び込んだりしないように」とか、スチームサウナ内には「温度センサーに水を掛けないように」などなど、たくさんあって覚え切れません(笑)。サウナ内のセンサーには、ご丁寧にカバーが付けられていました。
 話は前後しますが、脱衣場の浴室入口にはモザイクのタイル絵があります。モチーフは男女とも川の風景で、男湯側には筏ながし、女湯側には橋が描かれています。後で女将さんに聞いたところに依ると、昭和31年に設置されたもので、嵐山ということでした。昭和48年(だったかな)に水風呂を脱衣場側に増設したので、一部削れてしまったとのこと。でも状態は良く、きれいに残っています。
 このタイル絵を見ながら不思議に思ったんですが、浴室の男女壁と、脱衣場の仕切が一直線になっていません。脱衣場の仕切は男湯側に寄っています。もしかしたら、脱衣場は女湯側を大きく取ってあるのかも知れません。
 浴室の方は、中央に深風呂、浅風呂を備えた噴水付の主浴槽。奥に足裏刺激付腰掛けジェットが2カ所と普通のジェットが脇を固めるように2カ所。浴室右手に泡風呂になった薬湯と6人ほど入れるスチームサウナ。脱衣場側に泡風呂になった水風呂という構成です。水風呂はほぼ全面泡風呂になっていて、一瞬水風呂には見えません。
 浴室内はグリーン系統のタイルが多く使われ、タイル等もあまり古い感じはしないんですが、洗い場のまん中に排水の溝があったりして、造り自体は結構昔の姿を留めているような気がします。天井のペンキの色がグレーというのも珍しいところです。(この1週間ほど後に天井補修のため休業との貼り紙あり)
 風呂上がりは、宝飲料の冷蔵庫にあったフルーツ牛乳をチョイス。たまに飲みたくなるんですよねえ、これ。西に30mほど行ったところに駐車場もありますので、車で遠来の方も嵐山観光と引っ掛けていかがでしょう。
by ktsu0011 | 2013-03-28 22:24 | 日常生活

2013.3.26(火) 天山の湯

天山の湯へ行ってきた。

どこか風呂入りにいこ、と、いつものやしろ湯か、大映通り商店街の太秦湯か、そのすぐ西にある
スーパー銭湯天山の湯にしようか迷って、とりあえずベスパで出る。

午後7時半くらい、太秦湯はチャリが5台くらい止まっている。
銭湯は400円くらいで、天山の湯は1000円。
いわゆるスーパー銭湯は実は行ったことがなかったので、天山の湯へ行くことにする。
c0042874_2223333.jpg

1階が駐車場になっている建物で、駐車場には100台くらい止められそう。
それが平日なのにほぼ満杯。どんだけ人いんねん、と思って入っていったら、ほんまに人多い。
風呂場そのものは、天井吹き抜けのところに、温泉をいれた浴槽が2つと壺湯2つ、そこに10人くらい、
内湯は、水風呂、ジェット、普通の、壺湯2つに15人くらい、洗っている人15人、サウナは
収容人員50人くらいのところに20人くらい、計だいたい60人くらいが入っていた。
女性客も多いので、女湯もそんなところだろう。
レストランも時間が時間なので、50人くらいが食事していた。

平日でこの人数なので、休みの日なんかはすごい人やろなぁ。
時間制限はないので、風呂入って、食事して、風呂入って、休憩して、昼から夕方くらいまで
いようと思たらいれる。それで、入浴1000円+食事まあ2000円くらい=3000円くらいで
楽しめるのなら、温泉行く人がスーパー銭湯にとられているのはわからなくはない。

また、町の銭湯も400円するんだから、1000円でこの設備ならこっちへ来ようと思う人がたぶん
多いように思う。

別のところにも書いたが、北野天満宮の北にある「北野湯」、そこそこ大きい銭湯だったのだが
3/末で廃業とのこと。
どんどんなくなっていくなぁ。
「お風呂屋さん的京都案内」
で紹介されている銭湯のうち1/3くらいが既になくなっている。

残念で寂しい限り。
by ktsu0011 | 2013-03-26 22:03 | 日常生活

2013.3.24 EOS1Dの現像パラメーター設定完了!

1年ほど前にEOS1Dが来た。よく写る。ただ、JPGで撮る僕にとって、カメラ内パラメーターをいじくって、シャープを少しあげてやるか、Resizeでシャープをかけてやる必要がある。
1Dの現像バラメーターは、以下に書いたはるように、CameraWindowというソフトが要る。
いろいろ今までのカメラにくっついてきたCDを見てみたが、だめ。もっとやっかいなのは、IEEEケーブルって、今のPCにつかへんやんか。┐(゚~゚)┌
しかたがないので、1Dで撮影した場合は、シャープを思い切りかけることにしよう。

http://bbs.kakaku.com/bbs/00500210004/#11485933
現像パラメーターの登録
デジタル一眼カメラ > CANON > EOS-1D kit ボディ
Vette ZO6さんクチコミ投稿数:95件 スレッドの最後へ

縁あってebayにて念願の初代1Dを手に入れました。当時は高嶺の花で憧れだったこのCCD搭載の初代1D、今ではマークⅢは鳥さん専用になりました。ということでたいへん気に入って使っているのですが困ったことが一つ。

付属のソフトウェアが欠落していたため現像パラメーターの登録が出来ません。マークⅡ以降はカメラ内で変更できたので最初は隠しメニューでもあるのかといじくり回したものです。取説をダウンロードして初めて知りました。付属のソフトウェアを通してのみシャープネスなどの変更、登録等が出来るのですね。初期設定のままの当機ではシャープネスが0の状態できりっとした絵が出てきません。今はほとんどがDPPでの現像ですので画像をセレクトした後、一括変換してから(シャープネス5)見ることにしています。

ただ、DPPが無い環境ですとJPEGのみでの閲覧となり困ってしまいます。IEEEケーブルはあるのですがこの付属のソフトウェアが無いPCでは1Dを認識してくれず困っています。どなたかアドバイスをいただけるとうれしいのですが。お願いいたします。

3/21アマゾンでIEEEケーブル注文。99+500円
3/23パワーショットA3000についていたソフトを、IEEEケーブルが使える中田さんのPCにインストール。
3/25ケーブル到着。もひとつソフトをインストールしたら、見事に1Dを中田さんPCが認識し、現像パラメーターの設定ができた。シャープを5にしたものを設定1として撮影したみたら、すばらしく良い。
これまでの出たまま画像の眠かったのに比べると、そのまま使える。
\(^。^)/
by ktsu0011 | 2013-03-25 01:23 | カメラ・写真

2013.03.23 カメラについて

2013/3/23  カメラについて
■1.近況
(1)金欠と身辺整理を兼ねて、2-3月とヤフオクで、不要カメラ・レンズを売り払っている。
出品に際し、NEX7を使用して試写しているが、NEX7がMFの時にはたいへん使いやすくて良いカメラであることが判った。
また、どのレンズもあまり変わらなくて、その中にきらっと良く写るレンズがある。
デジカメも、基本的には新しいものが良いが、あれこれ使ってもあまり変わらない。

(2)今後は、
・デジカメメインで、たまにフィルム、時間的余裕があれば中判、大判
・カメラはデジ一(EOS1DsMk2か6D、ニコンD700かD600)、
レンズ遊び用にNEX7、コンデジはHX5,X20。
フィルムカメラは、ほとんど必要ないが、①頂いたもの、②学生時代に使っていたもの、③特に思い入れのあるもの、④売れないもの を残す。

■2.フィルムカメラ
(1)フィルムカメラは下落状態または買い手がつかない
・ライカM4-P、M3は落札されたが、5年前の半額程度。
・ニコンS2は3万円でも流れ続けている。
・ニコンF3のように非常に完成度が高く使いやすいカメラであるがどこにでもある機種は1万円程度で5年前の1/3くらい。
・ニコンFも2万円以下しか入札がなく、それ以上で売りたい業者は入札があっても途中出品取り消しをしている。
(2)大判は不人気。
・欲しがる人が少ないせいか、ウオッチも少ないし、安い。レンズも同様。
(3)今後
・売れないものは無理して売る必要はなく置いとく(ニコンS2とか)。
・ほとんど使うことはないだろうが、以下にあてはまるものは残す。
①頂いたもの Canon7,Tanak,NikonF2,PentaxSP,TopconREsuper,Retinette,WALZFLEX,
②学生時代に使ったもの買ったもの MinoltaSR-Tsuper,CanonF-1,RolleiAutomatV,NikonS,Olympus35RC,XA2,Pentaxオートロン、
③特に思い入れのあるもの LeicaIIIa,ContaIIA,Rollei35B,OM2,PentaxESII,FTb,EL,
④売れないもの NikonS2,Nicca3s,
⑤その他 大判、MamiyaC330,RolleiflexOLD,ZeissIkonSuper6,古い蛇腹ホールディングカメラ、
・カメラを持って散歩する余裕がないとできないが、月に2-3本はフィルムカメラで撮ってみたい。

■3.デジカメとフィルムカメラ
・デジカメの優位性は、①ランニングコストがかからない、②撮ってすぐに見れる、③撮影時にいろいろ設定できる(フィルムの大きさに相当する解像度、シャープコントラスト、各種フィルター、パノラマ)
・コンデジの場合はついているレンズが接写性能が良く、寄れる。フィルムカメラは1mまでのものがほとんどだが、デジカメは10cm程度まで寄れるので撮影範囲が拡大。
・最近は、動画も撮れるようになってきたので、フィルムカメラとはもはや優位性については比較できない。
・フィルムカメラの場合は、フォーマット(フィルムサイズ)の大小に比例して解像度が違い、フォーマットが大きいほど描写力に優位性があった。反面、大きくなった。また、フォーマットによりレンズの焦点距離と画角が異なった。
・デジカメも撮像素子(CCD,CMOS)のサイズ1/2.3、4/3、APS-C、フルサイズによって解像度が違い、大きいほど描写力に優位性があり、レンズの焦点距離と画角が異なるが、カメラボディーの大きさと描写力の違いはフィルム時代とは全く異なりほとんど差がなくなった。よって、35mm時代の画角感覚をとっぱらえば、フルサイズでなくても、4/3、APS-C、でも十分な画質が得られる。
 古いレンズを当時の画角そのままで使いたい(AiニッコールをD700で使う、ライカMレンズをNEXで使う、など)という要求を満たすにはフルサイズでないとなにがしかの不満が残るが、そのような要求がなければ、フルサイズは必要ない。
・僕の場合は、AiニッコールとライカMLレンズを使いたいので、ニコンFX機と、NEXフルサイズ機が欲しいところ。

■4.デジカメ内比較
(1)古いデジカメと新しいデジカメ
・基本的に新しいのがすべてにわたって良い。①解像度が大きい ②カメラ内現像ソフトの進化により画像がよく見える ③液晶画面が大きい 
・1D、20DとKissX5では写った画像に差はない。
・しかし、それぞれの操作感は異なるので、使ってみるという楽しみを求めるならば、最新デジカメにこだわる必要はない。最新デジカメは高い。

(2)EOSとNEX
・EOSもNEXもアダプターが豊富なので、マウントアダプター遊びには最適だが、NEXにEVFが採用され、①MF拡大が使いやすいこと ②実絞りであっても見たままの感じに明るい状態でみることができる ことから、ピント合わせが容易で、EOSに優る。
・今のところ、もっているアダプターは以下の通り。
EOS M42,Nikon,OM,Contax,
NEX M、L、FD,MD,Nikon,EOS,NikonS内爪、外爪、REX,+Alpa,VoiktDikel,EX,

NEXのMアダプターはヘリコイドのついたものがあるので、このアダプター+MLレンズの組み合わせは接写もできて、最高の組み合わせだ。
他のアダプターもEOSでは使えないレンズが使えるし、EOSアダプターもあるので組み合わせればNEXにはすべてのレンズがつく。
・EOSの優位性は、フルサイズであること、しかない。ので、NEXにフルサイズが出れば、EOS1DsMK2の存在価値はより小さくなる。

(3)EOSとニコン
・上の理由で、EOSを使う理由はいまや、1Dを使いたい、EOSを使いたい、ということ以外に特別な理由はない。
・対してニコンは、Aiニッコールを開放状態で使い、35mm時代の画角感覚そのもので使うにはニコンフルサイズ機しかない。D700が価格比較でベストだが、大きさ、動画のことを考えるとD600も良い。
・やはり、NEXにフルサイズが出れば、重いD700を使う理由は、EOS同様、ニコンを使いたいから、という理由しか残らない。

■5.レンズについて
・レンズは、今でも使えるものは値が付く
・古いレンズは買い手がない
・ホントに良いレンズはわずか、ほとんどは同じ。
①これは良い、②まあまあ、③いまいち、というレンズ区分をすると、全体の2割が①、半分が②、残り3割が③。でも、使ってみないとわからないので、使ってあかんのは売却していくのが良い。
・これまでの①レンズは、レックス50/2、レックス135/4、エルマー90/4、OM50/2、50/3.5、90/2、タムロン90/2.5、180/2.5、300/2.8、300/5.6、シグマ18-125、70-300、ニッコール35/1.4、105/2.5、180/2.8、ニッコール全般、
・レックス50/2は、接写も効くのでNEXとの組み合わせが最強。
・NEXとの組み合わせで気に入っているもの
  レックス50/2、ズミクロン35/2、キヤノン35/1.8、

6.今後のヤフオク出品予定
(0)ローライフレックスT、3.5E?、国産二眼レフ、
(1)国産フィルム一眼を整理して、不要なボディー、レンズを二束三文でも処分。
ヒマがあれば、フィルムを通してから。
(2)同上のアクセサリー類(フード、キャップ、など)
(3)コンパクトカメラ
(4)本
(5)カタログ
by ktsu0011 | 2013-03-23 01:18 | カメラ・写真

20130323 最近流れている、クリアアサヒプライムリッチのCMについて

c0042874_1174453.jpg
20130323 最近流れている、クリアアサヒプライムリッチのCM。

いつも「××チしよ」と聞こえるので、一人顔を赤らめていたのですが、こんな書き込みを見つけました。
こんな風に聞こえるのはうちの(会社の)TVだけかと思っていましたが(笑)、違って安心。いや、でも、youtubeの動画を見る時はまともに聞こえるのでそーかー、どうやら潜在意識下にそういう気持ちがある人には、そーゆー風に聞こえるのかもしれませんね(爆)


【芸能】松下奈緒さんが「エッチしよ」と言ってるように聞こえると話題に CMのアレ[13/03/19]
松下奈緒さんが「ねぇ、リッチしよう」と呼びかける「クリアアサヒ プライムリッチ」のCM。このセリフが「エッチしよう」に聞こえるという人が続出して-います。画面にも「リッチしよう。」という字幕が出ており、冷静に聞けばどう聞いても-「リッチしよう」と言っているのですが、筆者も初めて聞いた時はドキッとしました。ネ-ット上でも「1人で気まずくなってる」という人や「幾度となく松下奈緒殿にエッチ誘わ-れてるでござるw」と喜ぶ人などが次々と登場。「仲間が結構いて安心した」という書き-込みもありました。ドキッとすると同時に、「明らかに狙ってるだろ」という指摘をする-人も多数。松下さんの悪戯っぽく笑いかける様子などがなんとなく「エッチしよ」という-空耳を誘発しているようです。「俺の耳はもうダメかもしれない」と嘆く皆さん、ご安心-を。我々は悪くありません!http://www.youtube.com/watch?v=PRxxe_MsJWk
by ktsu0011 | 2013-03-23 01:11 | 日常生活

2013.3.18 EOS 1DsMK2 が来た

落札履歴を見ると、EOS 1DsMK2 はまあまあお買得だったようだ。

CANON EOS-1DS 1110万画素 3コマ
52,000 円 50 3月4日
55,200 円 18 2月27日
59,800 円 1 2月16日
74,500 円 1 3月13日
79,800 円 1 3月10日
95,000 円 1 2月18日
キャノンEOS1DsMarkⅡ 4コマ
70,000 円 1 3月9日
89,000 円 50 2月25日
90,000 円 16 3月14日 ←元箱・バッテリー3つ付きで90000はお買得と思う。
102,001 円 30 3月8日
105,000 円 1 2月24日
106,000 円 50 2月20日
107,010 円 49 3月6日
115,000 円 1 3月10日
104,000 円 61 3月11日
122,000 円 1 3月8日
CANON EOS 1Ds MARKⅢ マーク3 5コマ
200,000 円 1 3月14日
214,000 円 42 3月14日
233,000 円 74 3月13日
180,888 円 48 3月13日
271,000 円 1 3月12日
185,050 円 26 3月11日
222,000 円 125 3月10日
201,000 円 97 3月10日
178,030 円 36 3月9日
200,000 円 1 2月24日
http://page5.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/e130565010
c0042874_1262213.jpg

by ktsu0011 | 2013-03-18 01:26 | カメラ・写真